有吉弘行

17日深夜放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、グルメ通ぶる風潮に有吉弘行マツコ・デラックスが苦言を呈す。特に有吉は自身と縁深い、芸能界のグルメ王・アンジャッシュの渡部建を引き合いに出し、怒りを爆発させた。

 

■食通に苦言

「ピザは耳の部分・コルニチョーネから食べるのがツウ」と知り衝撃を受けた投稿者。これに有吉は「『これがツウなんだよ』って言ったらアウト」と苦い表情を浮かべた。

さらに「イヤな専門家とかいるじゃん、(グルメライターとか渡部さんとか」と軽く渡部に触れ、「一切れだけ食べて『次の取材ある』って食わないからアイツらは。焼き加減だけ食べるんだよバカが」と次第にヒートアップしていく。

天ぷらを塩で食べることに納得できないマツコだったが、店側が勧める食べ方ならアリと2人は結論付ける。対して、店側が先端から食べてと提供するピザを「(素人が)勝手に耳から食べて生意気な顔しやがってっていうのはある」と有吉は怒りを露わにした。

 

■話題は渡部に

しかし有吉もインスタントラーメンに、マツコもB級グルメに一家言あることが明らかとなり、有吉は「みんな心に渡部を飼ってるわ。みんな異常、だからそれをなるべく出さないようにしないと」と反省する。

そこから徐々に渡部の話題一色に。渡部が「ポン酢は古い」と主張したことを思い出した有吉は、「俺はポン酢を食べるためにフグを食べている。ポン酢のことをバカにした時点でアウトポン酢業界で殺そうと思っている」と怒りを爆発。

「(渡部が)最初にポン酢に手を出してきた。先にポン酢を殴ってきたのはお前だぞ」とケンカ腰になった有吉は「ポン酢の瓶で殴ってやる」と実力行使も辞さない姿勢を覗かせた。

■有吉「渡部は反面教師」

一通り、渡部への不満を爆発させた有吉は、「渡部さんは反面教師。メシを語るようになったら終わり」と芸人として、人として説いた。

そこから、マツコは場をおさめるため「ポン酢に謝って」と画面を通して渡部に嘆願を始めたが、有吉はそれに便乗し渡部に言葉をぶつけていく。

ポン酢をバカにしたってことはモミジおろしもバカにした。大根業界も、七味・一味も許さない」と最後まで対決する姿勢を崩さなかった。

 

■恒例のやりとりに視聴者は…

番組ではこれまでも有吉VS渡部の構図を盛り上げてきた。有吉が一方的に怒りをぶつけ、後日、グルメ系企画のVTRに登場した渡部が反論するという形式で、視聴者はこの「プロレス」を楽しんできたのだ。

この日も有吉が渡部の話題を口にすると、視聴者たちは「待ってました」とばかりに興奮。大きな反響が起きている。

 

■食へのこだわりが激突

渡部をはじめ、グルメを気取り、食通ぶる人が増えていると嘆く有吉とマツコ。しかしそれは、情報が容易に世に広がり、食を楽しめる人が増えた結果とも言える。多くの人が食に興味を持ち、楽しむことは素晴らしい文化でもあるはずだ。

どちらもある意味「食」にこだわりがあるからこそぶつかり合う有吉と渡部。今後、どのような決着を迎えていくのか、ますます注目が集まるだろう。

・合わせて読みたい→「キムタクに殴られた」「マネージャーいじめ」…有吉・マツコ、噂の真相激白に驚きの声

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

有吉、食通ぶる風潮に嘆き アンジャ・渡部が「反面教師」と激怒も「みんな心に渡部を飼ってる」