かなり特徴的な地声と、独特すぎる世界観の持ち主で、その異次元トークは「金朋地獄」の異名を持つ、声優でタレント金田朋子さん。時にはモンスターやらラスボスやら言われている金田さんが、インターネットテレビ局AbemaTV」の「アニメ LIVEチャンネル」番組「声優と夜あそび 2nd season」に出演。普段のテンションとは違う一面を見せています。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 「声優と夜あそび 2nd season」は、月曜から金曜まで二人の人気声優がタッグを組んでMCを担当するAbemaTVオリジナルの帯番組。火曜日金田朋子さんと木村昴さん。2019年4月16日の放送では、MC2人の“抜き打ち薬物チェック”や、“官能小説”の朗読会などを放送。いつもの金田さんらしからぬ(?)、“オトナ”の魅力を大爆発させています。

 普段のコーナーでは型破りな言動で暴走する“珍獣”金田さんと、それに振り回される“珍獣使い”の木村さん。「だーさん(金田さん)、ガチのいい声でお願いします!」と木村さんに釘を刺された金田さんは「これでも“自称”声優ですから!」とボケたり、台本で「いないいないバァーッ!」と変顔を披露するなど、普段と変わらないテンション

 しかし、いざ朗読が始まると金田さんは可愛らしい声で“夫との関係に悩む人妻”のセリフをしっとりと読み上げ、木村さんも落ち着いた渋い声で、人妻の魅力に戸惑う男性を熱演。ワンシーンの朗読を終えた木村さんは「途中から、“これいいのかな?”って変な気分になっちゃいました!」と告白。金田さんも「私よかったでしょー!?」と自分の実力をアピールしています。

 金田さんのアダルティックな魅力と声優としてのテクニックを実感した木村さんは、金田さんの旦那さんである森渉さん(愛称:ポポちゃん)に生電話。娘さんと一緒に朗読コーナーを見ていたという森さんは、木村さんに「奥様の艶めかしいお声、どうでした?」と尋ねられると、「(そういう色っぽい声は)何年聞いていないだろうって声でしたね」と衝撃の暴露。さらに金田さんの「(今夜は)寝ないで待っててね~」というラブコールを「僕のバイエルンはまだできてない」「おやすみなさ~い」とサラリとかわすなど、さすが夫婦!な一面をみせていました。

 4月16日放送の「声優と夜あそび 2nd season」は、「Abema ビデオ」にて4月23日まで見逃し視聴が可能。Abemaプレミアムではその後も視聴できますよ

(C)AbemaTV
情報提供:株式会社 AbemaTV

金田朋子が官能小説朗読に挑戦 “オトナ”の魅力を大爆発?