サントリービール株式会社(本部:東京都港区台場2-3-3、代表取締役社長:山田 賢治)が展開する「ザ・プレミアム・モルツ」ブランド(以下、プレモル)は、ビール固有の価値である泡にフォーカスし、こだわりの素材・製法・注ぎ方によって実現した“神泡”でビールの選択基準を泡に変えていくという目標を掲げ、活動しています。
 2019年1~3月のビール市場が対前年93%※1程度と推定される中、プレモルは“神泡”の徹底訴求により、同104%と極めて好調な販売となりました。これを受け、第2四半期にあたる4~6月のプレモル缶を、対前年1割増産することを決定しました。


■“神泡”の体験接点を創出することで、極めて好調な販売に

新型電動式神泡サーバーが好評、新規購入者率は35%に。好評を受け、50万個前倒し投入

 3月19日(火)から新型神泡サーバー付の商品を発売。特に“洗浄いらず”の新型電動式神泡サーバーは、その画期的な機能及びご家庭でもお店のような“神泡”を体験できることに、お客様に大変ご好評いただきました。その結果、プレモル缶の新規購入者率※2は35%、そのうちビール類自体を新規に購入されたお客様が約1割※3となり、ビールの選択基準が「泡」に変わりつつあります。この好評を受け、ビール需要期である8月までに新型電動式神泡サーバーの投入数を50万個前倒しします。

東海道新幹線(一部列車)での“神泡”提供延長決定。対象列車のビール販売数量を約4割引き上げ
 2月6日(水)から実施した東海道新幹線(一部列車)での新型電動式神泡サーバーを使った“神泡”の「ザ・プレミアム・モルツ」提供は、対象列車のビール販売数量を対前年約4割増に引き上げるなど新たな需要を創造しました。これを受け、8月31日(土)まで提供期間を延長します。

客数が計画比の約7割増※4となった旗艦店「神泡BAR
 2月9日(土)に東京・八重洲にオープンした旗艦店「神泡BAR」は、泡だけを楽しむことができる「神泡ミルコ」が人気となるなど、“神泡”の魅力をお客様に余すことなく体感いただき、客数が計画比約7割増※4と好調に推移しています。


※1 サントリー推定
※2 インテージSCI-Personal 3月18日(月)~3月31日(日)にプレモル缶を購入し且つ、直前1年間プレモル缶を購入されていないお客様の率 N=459
※3 ※2のうち、直近1年間ビール類を購入されていないお客様の率
※4 2月9日(土)~3月23日(土)までの客数



〈“神泡”とは〉
「ザ・プレミアム・モルツ」こだわりの素材・製法・注ぎ方によって実現したきめ細かくクリーミーな泡のこと。
ビールの泡には、1.口当たりのよい味わい、2.味・香りを逃さない、3.炭酸ガスを逃さない、4.酸化を防ぐといった役割があります。
当社では、“美しい泡は、うまさの証。”という信念のもと、素材・製法を通じた泡の研究や、営業活動を通じた飲用時品質向上に向けた取り組みを長きに渡って実施しています。

●「ザ・プレミアム・モルツ」ホームページ http://suntory.jp/PREMIUM/

▽商品に関するお客様からの問い合わせ先
サントリーお客様センターフリーダイヤル 0120-139-310
サントリーホームページ https://www.suntory.co.jp

配信元企業:サントリービール株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ