トヨタUSA4月17日ニューヨークショープレスデイにて、ヤリス(日本名ヴィッツ)ハッチバック2020年モデルを発表した。

 この新型ヤリスは、いよいよ今年フルモデルチェンジが予想されている新型ヴィッツではなく、マツダ2(日本名デミオ)のOEMモデルとなる。北米市場でも日本でヴィッツとして販売されているモデルを数年前までトヨタは販売していたのだが、マツダとの業務提携以降、まずヤリスセダンマツダセダンOEMとなり、今回ハッチバックマツダベースとなったわけだ。

 エクステリアマツダ2とは差別化されており、「ボールドでスポーティなルック」と銘打たれている。パワートレーンは1.5ℓ直4で、6速ATが組み合わされるのもマツダ2と同様。

 インテリアは日本でも見慣れたデミオのものと基本的には共通。Apple CarPlayやAndroid Autoを利用可能な7インチタッチスクリーンが装備されており、ふたつのUSBポートも標準装備だ。


2019年モデルとして販売されていたヤリスハッチバック
ヴィッツベースであることがわかるだろう。
こちらが先に販売されているヤリスセダン
マツダが海外向けに販売しているデミオセダンベース