「九州のヒエラルキー」というテーマについて、各県代表の出演者が激論を交わしたバラエティー番組「8つ星サミット」(テレビ西日本)。

Jタウンネットでは先日、この番組独自ではじき出された九州のヒエラルキーとトーク内容について記事で取り上げた。しかし、福岡以外の地域の差がどうもいまひとつよくわからない

そこでJタウンネットでは改めて、「九州のヒエラルキーで、最下位だと思う県はどこ?」と題した投票を2019年4月13日から実施した。はたして、その結果は......。

福岡にまさかの...

まずは「8つ星サミット」が発表したヒエラルキーをおさらいしよう。

「福岡>>熊本>鹿児島=長崎>大分>佐賀>宮崎」(番組テロップのママ)

では、Jタウンネットでの結果はどうなったのか。


17日14時30分時点で、集まったのは1445票。その中で、ダントツで多くの得票を得てしまったのが「佐賀」。全体の60.6%、876票を獲得してしまった。

そして、テレ西の番組で最下位と決めつけられた「宮崎」は1つ順位を上げた。全体の22.1%、320票と佐賀を大きく離して最下位を脱出した。

一方、大分は番組と変わらぬワースト3位。しかし、宮崎から大きく数を減らして9.8%、141票で面目を保った。

ここから先は上位4県だが、まさかの事態が起こった。なんと絶対的と思われた福岡が4番目。わずか40票であるが鹿児島、熊本、長崎が20票台に落ち着いたことでまさかの順位になってしまった。

福岡の1つ上に躍り出たのは鹿児島。そしてトップには22票の同数で熊本と長崎が輝いた。

8つ星サミットテロップに倣った表記にすると、こうなる。

「熊本=長崎>鹿児島>福岡>大分>>宮崎>>>佐賀」

かなり独特のヒエラルキーが出来上がった。

地域別に見ると、福岡に投票した地域は宮城、東京、福岡の3地域のみ。しかし、東京で37票を稼いでしまった。

そこで気になったのが、自分の住んでいる地域に「最下位票」を入れたのはどこなのだろうか。

これを掘り返すと熊本と鹿児島以外はすべて1票でも自分の地域に入れている。2県以外は少し自虐的に捉えている人がいた。一方、福岡について再考すると日本を代表する都市の一角。そのため妬み、やっかみで票が入った可能性もある。

個性的な地域が集まった九州だけに絶対的なヒエラルキーとは言えないものの、各地域に持たれているイメージが反映されたランキングと言えそうだ。