(c)sweetsholic

よく外国では「日本では英語が通じない」と言われるのですが、実はフランスも同じ。外国人の多いパリは別として、地方都市に行くと英語が通じないことが多くてびっくりします。さて、トップ画像のコースターフランスで購入したものですが、スペルミスがあります。何が間違っているのでしょう?

気取っているわけではない?


日本の雑誌などで「フランス人は英語を話せるのに、(プライドが高いせいで)話さない」と言った記述を見かけることがあります。でも、筆者は4年間のフランス生活を通して、そうではない! と感じています。

単に彼らは英語が苦手。そして英語に自信がない。だから話したくないのです。4月11日付けのフランスの新聞『20 minutes』によると、半数以上のフランス人が「語学が苦手」と回答しているとレポート。また英語などの外国語を書くのは得意でも、話すのは苦手としているとも。

これって、日本人の我々と似ていると思いませんか? 

英語スペルミス

(c) sweetsholic

日本と同じく、フランスの広告などにも英語がよく使われています。そしてこれまた同じく、表記が間違っていることも。

冒頭のコースター、みなさんは間違いが分かりましたか? 答えはストロベリー。本当は「strawberry」ですが「r」がひとつ抜けています。「Delicious Taste」(※“おいしい味”)や「Strawbery Taste」(※本来はstrawberry cupcakes または strawberry flavour)というキャッチコピーも不思議な英語ですが、そこはご愛嬌。

続いてはこちらの落書き。ミスは何でしょう? 


(c) sweetsholic

答えは「Beauty」。tとyの間に、必要のないeが入っています。・・・間違えるぐらいなら(いえ、間違えなくても)、落書きしないようにと言いたい。

Hの発音ができない


heartハート)」や「hotelホテル)」など、Hから始まる単語は苦手な人が多い模様。heartは「アート」、hotelは「オテル」と発音する人が目立ちます。フランス語では「H」の発音はしないから、というのがその理由。なので羽田空港は「アネダ」、箸は「アシ」となります。

暗記方式の勉強が原因・・・なのかも


20代と40代、50代の友人・知人と話していたときのこと。フランスで使われている英語の教科書の話になりました。20代の友人が「Where is Brian? Brian is in the kitchen」という例文を暗唱。すると、40・60代の人たちも続いて暗唱! なんと、数十年間も同じ例文が教科書に載っていることが分かりました。

フレーズの丸暗記は、実践には役立たないというのは、多くの人がご存知なのでは? 日本の英語テキストでもおなじみの定型文「This is a pen」を思い起こさせる内容です。



ひと昔前まではフランス人は英語を話さないと言われてきました。ですが、今のフランスでは日本と同じく、(上を目指す人にとって)英語は重要なスキルのひとつだと考えられています。

ただ観光客が英語でダダーッと話すと、やはりあまりいい顔をされない面もあります。フランス旅行の際には、人間関係を円滑にする「ボンジュール(こんにちは)」や「メルシー(ありがとう)」を、ぜひ使ってみてください。

私たちだって、外国人に英語でダーッと話されるよりも「スミマセン」という前置きがあったほうが、気分がいいですもんね。

[Photos by Shutterstock.com] 

フランスで感じるカルチャーショック、以下の記事も要チェックです!

『ありえない!日本人フランステレビで不思議に思うこと3選』
『ありえない!日本人フランスに帰国して感じたカルチャーショック
『ありえない!日本人フランスレストランで驚いたこと〜お一人様はいない!?〜』