4月23日発売の女性ファッション誌『ViVi』(講談社)6月号の表紙をモデルのKōki,が務めることが分かり、ネット上をざわつかせている。

【関連】三浦大知にファン幻滅「恥を知れ恥を!」「紅白で合体させられるぞ!」 ほか

ViVi』の公式インスタグラムでは「ViVi6月号のカバーガールは!! じゃーん初登場Kōki,さんです 新しい時代の幕開けを感じるオーラすごい」と絶賛しているが、ネット上には疑問の声が殺到してる。

「実は4月11日に専属モデルの河北麻友子が同誌を卒業することを発表しており、ほとんどの読者は河北が単独表紙を飾るものと思っていました。しかし、突然、Kōki,の起用が判明したことで、『なぜ?』の声が広がっているのです。河北は7年間カバーガールとして同誌を支えており、その功労者に最後の〝はなむけ〟を送らなかった編集部に対し不信の目が向けられています」(ファッションライター

 

Kōki,が“強奪”!? 河北麻友子『ViVi』卒業号なのに「大人の事情?」

押せば押すほど引く人続出

現在、同誌のインスタグラムには〝怒り〟のメールが殺到している状態だ。

《元大黒柱だった河北麻友子ちゃんにこの扱い。大人の事情ですか?》
《麻友子ちゃんが載ってるからViViを買い始めたのに、最後くらい表紙にしてあげてほしかったです》
《めちゃショック! 二度と買わん》
《またKōki,かよ! ゴリ押しうざっ!》

「もともと、Kōki,は雑誌『エル・ジャポン』で華々しくデビューしましたが、その後、講談社の美容雑誌『VOCE』にも登場しており、同社とは蜜月状態といわれています。いずれ『ViVi』の表紙に起用されるだろうことはウワサされていましたが、河北の卒業にぶつけたのは〝思い切ったチャレンジ〟と言わざるを得ませんね。裏では工藤静香の相当な〝ゴリ押し〟があったようです。女性ファッション誌は専属モデルに憧れて購入する読者が多いのですが、何の関係もないKōki,を起用したことで、読者離れが起きる可能性もあると思いますよ」(同・ライター

もはやとどまることを知らないKōki,の猛烈プッシュぶりだが、押せば押すほど引いていく人が続出している状態を、関係者はどう考えているのだろうか。

今後も続々と露出プラン計画がウワサされるKōki,。顔が売れてもファンが付いてこない〝本末転倒〟とならなければいいが…。