4月10・11日、佐藤天彦名人に豊島将之二冠が挑んだ名人戦第1局は、千日手による指し直しと波乱含みのスタートとなった。名人戦での千日手は16年ぶり。また、2日制タイトル戦の初日に千日手となったのは第35期王将戦七番勝負の第3局、中原誠王将-中村修六段戦(1986年2月3日)以来、33年ぶりという極めて異例の出来事でもあり、ニュースでも大きく報じられた。

「千日戦っても決着がつかない」ことから

 棋界関係者が使用するデータベースによると、1975年以降の公式戦、およそ9万5000局のうち、千日手となったのは1800ほどで、2%弱の出現率となっている。

 最近の将棋ブームのおかげか、筆者も将棋に関する質問を受けることが多くなった。その中でよく聞かれるのが「千日手って何ですか?」というもの。

 ごく簡単に言ってしまえば「引き分け」ということになるのだが、それではあっさりし過ぎなので、まず千日手の詳細について説明する。

 現在の規定における千日手とは、盤上の駒の配置、持ち駒の種類と数、手番を含めて全く同一の局面が4回登場することをいう。彼我の駆け引きでお互い相譲らずに、同じ局面が延々と繰り返されて、「千日戦っても決着がつかない」ことからその名がついた。

4局目が終ったのは翌日の午前6時51分

 千日手を端的に示したのが1図である。図で先手番ならば▲7二竜までの詰みとなるので、後手は△7一金打と受けるしかない。対して先手も▲7二金と指すくらいだが、以下△同金▲6三金と進むと、1図の局面に戻ってしまう。以下も△7一金打▲7二金△同金▲6三金△7一金打▲7二金△同金▲6三金……となってしまえば永遠に決着がつかない。

 プロ将棋で千日手が出現すると、先手後手の手番を入れ替えて指し直す。それでも決着がつかなければ再度手番を入れ替えて決着がつくまで指し直すことになる。

 2014年竜王戦、宮田敦史六段-伊藤真吾五段戦では3回連続で千日手が出現した。1局目が午前10時に始まり、決着がついた4局目が終ったのは翌日の午前6時51分(結果は宮田の勝ち)で、4局合計の指し手数は405手。この対局ではないが、筆者も翌日の朝に終局という対局の取材経験はある。「お疲れ様でした」というしかない。

「同一手順を3回繰り返す」から「同一の局面が4回登場」へ

 千日手の概念は江戸時代から存在していたが、終盤で駒を打ち合い、取り合う状況でしか発生しないものと考えられていた。そのためルールとしては「千日手となったときには攻め方が手を変える。どちらが攻め方か不明のときは、仕掛けた側から手を変える」という曖昧な規定にとどまっていた。

 明治から大正にかけて、将棋界の覇権を争ったのが関根金次郎と阪田三吉の両者だが、両者の対局で千日手が出現し、阪田が「攻め方打開」のルールを知らず、無理に打開してペースが狂い惜敗するということがあった。阪田が打倒関根を志した一局とも言われている。

 しかし「仕掛けた側」という定義はあいまい極まりない。また昭和になって、駒のぶつからない序盤(要するにどちらも仕掛けたとは言えない局面)でも千日手の将棋が出現した。このことが現在の規定に近い「同一手順を3回繰り返すと千日手」というルールが採用された一因となっている。

「同一手順を3回繰り返すと千日手」の規定は長らく続いたが、現在では上記の通り「同一局面が4回出現すると千日手」という規定になっている。

 ある局面から同一手順を3回繰り返すと同一の局面が4回登場することになるのだから、同じことを言っているのではないかと考えられる方もいるかもしれない。ところがそうではないのだ。

別の意味で歴史を変えた一局があった

 2図は1983年の名人挑戦者決定リーグ戦(現在のA級順位戦)、▲米長邦雄王将―△谷川浩司八段の一局である。手数がかなり長くなってしまい恐縮だが、追っていただければ幸いである。

 2図は118手目の局面だが、以下の手順を追うと142手目の△7八同銀不成で、118手目と同一の局面が4回出現したことになるので、現行規定では千日手が成立する。

 しかし当時の規定である「同一手順を3回繰り返し」てはいないのだ。読点を打った直前で同一局面が出現しているのだが、それに至るまでの順が微妙に異なることはご理解いただけるだろうか。

 この対局は最後の▲8七銀の直後に谷川が手を変えたのだが、それが錯覚で米長の勝ちとなっている。結果はともかく、それまでの「同一手順を3回繰り返す」では、永遠に指し続けることができて決着がつかない将棋が出現するというのが立証された。

 この一局がきっかけで、現在の「同一局面が4回出現で千日手」という規定に変わった。当時の谷川は名人挑戦者決定リーグに初参加だった。その1期目で挑戦権を獲得し、21歳の史上最年少名人誕生へとつながるのだが、その過程ではまた別の意味で歴史を変えた一局があったことになる。

とりわけ重要なのはタイトル戦での先手後手

 プロ将棋では千日手は駆け引きの一つともいえる。指し直し局の先手後手が入れ替わるからだ。先手有利が言われるのはプロ棋界の常で、特に重要な一局では先手番を欲しいという棋士が絶対多数だろう。

 中でも棋士にとって最高の舞台であるタイトル戦、そこでの先手後手は重要だ。全て先手番が勝ったタイトル戦という例はさすがにそれほど多くないのだが、先手番の勝率が7割もあれば(2018年度のタイトル戦はそうだった)、先手が欲しくなるのは当然と言える。

 もっとも、タイトル戦の先手後手は第1局の振り駒で決まると、以下は交互に手番が変わり、最終局までもつれて初めて再度の振り駒となるのだから、それほど不公平があるわけではない。また途中で千日手が出現した場合はその一局で手番を完結させると決まっている。

 具体的に言うと、佐藤-豊島の名人戦七番勝負では、佐藤が第1局で先手を引いたため、以下は奇数局で佐藤の先手、偶数局では豊島の先手となる。第1局が千日手となり、その指し直し局では豊島の先手となるが、第2局は偶数番なので再び豊島が先手番で指すのだ。

 昔はそうではなかった。例えばA棋士対B棋士のタイトル戦が、Aの先手で第1局が始まり、それが千日手となる。この場合は指し直し局でBが先手を持つのだが、そこで決着がつくと、第2局の先手はAとされ、以下第3局はBが先手、第4局はAが先手、第5局はBが先手、第6局はAが先手という進行になり、最終第7局(七番勝負の場合)で再度振り駒となる。これが以前の規定だった。

平ではないと主張した森内俊之九段

 特に問題はなさそうだが、そうではない。最終局を除く7局(千日手局を含む)の手番をみてみると、Aが先手を4局、Bが先手を3局持つことになる。しかもBの先手番のうち、1局は持ち時間の少ない指し直し局なのだ。

 千日手の損得は手番だけで決まるものではないが、以前の規定だと、第1局の振り駒で先手を引いた側は、番勝負の途中で有利とされる先手番にて千日手へ持ち込んでも、損をしないことになる。

 これでは公平ではないと主張したのが森内俊之九段だ。それがきっかけになり、十数年前に現在の一局完結方式に規定が変わった。森内は「棋士にとってタイトルが取れるかどうかで、人生が大きく変わる。より公平なほうが良いと思いました」と振り返る。

 名人戦七番勝負第1局では、千日手局で先手番となった豊島が先勝を挙げた。続いて行われる4月22・23日の第2局では、再び豊島先手での対局となる。会場となる山口県萩市の「松陰神社 立志殿」では、果たしてどのようなドラマが待っているだろうか。

(相崎 修司)

名人戦七番勝負第1局が行われた椿山荘 ©文藝春秋