フランスで観客動員数400万人を突破し、第44回セザール賞で最多10部門にノミネートされた「シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢」の本予告映像が公開された。マチュー・アマルリック演じる引きこもりのベルトランをはじめ、様々な悩みを抱えたさえないおじさんたちが、人生の再起をかけシンクロナイズド・スイミング(2018年4月から、日本水泳連盟によりアーティスティックスイミングに名称変更)に取り組む様子がコミカルに切り取られている。

【動画】「シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢」本予告映像

「セラヴィ!」に俳優として出演するなど多彩な才能を発揮するジル・ルルーシュ監督がメガホンをとり、スウェーデンの実話をもとに映画化。うつ病がきっかけで会社を退職し、引きこもりがちな生活を送るベルトランは、地元の公営プールで男子シンクロチームの練習風景を目にする。子どもから軽蔑され、妻から慰められるだけの日々から抜け出したいと考えていたベルトランは、チーム入りを決意。家庭、仕事、将来に悩みを抱えるミッドライフ・クライシス(中年の危機)真っ只中のメンバーとともに、無謀にもオリンピック金メダル獲得を目指すが、チームにはあらゆる困難が待ち受けていた。

「潜水服は蝶の夢を見る」「007 慰めの報酬」などで知られ、フランスを代表する俳優アマルリックが主演を務め、ギョーム・カネ(「セザンヌと過ごした時間」)が不満だらけの短気おじさんロランブノワポールブールド(「神様メール」)が倒産寸前の会社を抱えるマルキュスに扮する。そのほか、ミュージシャンを目指すも娘から「才能が無い」と言われてしまうシモン役のジャン=ユーグ・アングラード(「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」)、1人ぼっちピュアな童貞おじさん・ティエリー役のフィリップ・カトリーヌ(「レット・ザ・サンシャイン・イン」)という個性豊かなキャストが顔をそろえた。

本予告には様々なタイプおじさんたちが登場し、まさに"ダメなおじさんたちの見本市"状態に。自分を変えたいとプールへと飛び込み、シンクロを始めるベルトランだが、中年仲間とのパフォーマンスはなかなか上手くいかない。情けないがどこか愛おしいおじさんたちが、溺れかけながらもプールで奮闘し、サウナで寝そべっている場面も。そして、「挑戦者を笑うお前が負け犬だ!」というベルトランの叫びをきっかけに、シンクロを通して少しずつ輝きを取り戻していく姿が映し出され、「人生を舞え。ぶざまにかっこよく。」という言葉が印象的に響く映像となった。

シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢」は、7月12日から東京の新宿ピカデリーヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開。

マチュー・アマルリックが主演 (C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions