レイダース、バッカニアーズの2チームが49日間本拠地開催なしの悲劇

 米ナショナルフットボールリーグNFL)の2019年スケジュールが現地時間17日に発表されたが、現地で話題を呼んでいるのはレイダースとバッカニアーズのいびつな日程だ。なんと49日間もホームゲームが行われないのだ。これにファンからは怒りの声が上がっている。

 NFL100シーズン目というメモリアルイヤー。ファンにとっては全日程が決まり、開幕が待ち遠しいところだが、現地では2チームファンから不満の声が噴出している。米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「For The Win」は「レイダースとバッカニアーズが2019年に49日間ホームゲームなし。ファンは幸せではない」の見出しで特集を展開している。

2019年シーズンNFLスケジュール水曜日リリースされ、オークランド・レイダースとタンパベイ・バッカニアーズのファンは2度チェックが必要だっただろう。なぜなら両チームは非常に奇妙なスケジュールを組まれており、49日間ホームゲームがないのだ」

 こう驚きの日程を伝えている。記事によるとレイダースは9月15日ホームゲームのあと、4試合連続で敵地で戦い、さらにロンドンでベアーズとゲームを行った後、バイウィークに入り、次のホームゲーム11月3日だという。

 またバッカニアーズも同様に9月22日ホームゲームの後は4試合連続でアウェーで戦い、ロンドンでのパンサーズ戦の後、バイウィーク明けの11月10日カーディナルスと49日ぶりのホームゲームを行うことになっている。

「長い移動距離のある、非常に厳しいスケジュールだ」と記事では過酷さを伝えている。

ESPNライターも異例の状況を伝える

 ESPNのライターアダムシェフター氏もこれを受けて両チームの過酷な状況をツイート。するとファンからは不満の声が噴出している。

「これは謎のスケジュールだ! いったい誰がこんなものを作る?ペイトリオッツはこんなスケジュールにならないだろう」
NFLレイダースが嫌い」
シェフターでさえ、これがおかしいと思っている」
「これがバックスファンの人生だ」
「残酷だ。なんてこった」
「ウソだろ!!」
これはひどい

 レイダースは昨シーズンの4勝12敗から再建を目指す。25日に行われるドラフトで1順指名権を3つ(全体4位、24位、27位)持ち、その動向も注目されている。昨シーズン10年契約という驚きの契約を結んだジョン・グルーデンHC指揮下での2シーズン目は、なにかと話題を呼ぶものになりそうだ。

 一方のバッカニアーズも5勝11敗からの巻き返しを狙うシーズンフランチャイズクォーターバックへ成長することが期待されていたジェイミス・ウィンストンが不安定なプレーを脱し、ブレイクすることが期待されるが、そのためには“死のロード”いう新たな難敵も攻略しなければいけない。

 両チームファンにとっては悲報というしかない状況となった。(THE ANSWER編集部)

バッカニアーズファン【写真:Getty Images】