ウォッチガードテクノロジージャパンウォッチガード、谷口忠彦社長)は4月18日クラウドベースシングルインターフェースにより、セキュリティー管理とレポーティングを一元化するWatchGuard Cloudプラットフォームを発表した。

オリジナルで読む

 WatchGuard Cloudは、マネージドサービスプロバイダーMSP)をサポートするための管理プラットフォームで、インフラコストの削減、顧客獲得の加速、そしてレポーティングや運用タスクに要する時間の短縮を実現する。マルチティアマルチナントのアーキテクチャーで構築されており、サービスプロバイダーは数やタイプに制限されることなく顧客アカウントを作成、運用することができ、テナント別、情報へのロールベースアクセス権限ごとにデータを分離することができる。

 プラットフォームでは、迅速に自動でコンピューティングとストレージ要件に対応することが可能で、ハイパフォーマンスを維持しながらテラバイト級のデータを活用したレポートを数秒で作成し、知見のサマリーを提供することができる。

 インベントリ管理機能によって、サービスプロバイダーは、全ての顧客に関するライセンス状況を閲覧・追跡することができる。また、顧客のサービスモデルに合わせてサービスを割り当てたり解除したりすることが可能。さらに、テナント機能も提供しており、期間と許可権限の制御を含め、別のテナントアクセスをデリゲート(委任)することもできる。

 一元管理インターフェースとして、Firebox UTMの可視化やAuthPointの多要素認証イベントを含め、ユーザーは全てのセキュリティアプリケーションにわたり、迅速・容易にアラートや通知を設定することが可能。MSPは顧客のライセンス、利用状況、契約満期からセキュリティーやパフォーマンスアップデートまで、あらゆる情報の通知にアクセスすることができる。

 さらに、セキュリティアプリケーションの一元管理機能を提供し、MSPは顧客に対して差別化された収益性の高いサービスを容易に提供することが可能となる。