布団にお着替えおむつに靴……。保育園に行く時はかなりの荷物になりますよね。その上雨でも降っていたらさらに大変! そこで、毎朝を少しでも機嫌よく乗り切るために役立つものたちをご紹介します。

1. レインコート(子どもとママそれぞれのおすすめ)

傘をさして自転車に乗るのはやはり危険。子連れママにはレインコートがおすすめです。

子どものレインコートは、できるだけ子ども自身に選ばせるのがポイント。うちはかなり長い間謎の反抗期で、豪雨の中も上着を着ず出て行ってしまい大変でした。そんな手のかかる子どもはまれかもしれませんが、とにかく本人が気に入って進んで着てくれたら手間が省けます。

ママの場合、ポンチョ型のレインコートをよく見かけます。私も初めはそれでしたが、風の強い日にはめくれ上がってしまい腰から下がびしょぬれでした。自転車に乗る場合、前カゴもつつめるくらい広いポンチョ型か、もしくはめくれあがることのないシンプルなもの・下にズボンがついているものが便利です。

また、厚い生地のほうが丈夫なのですが、真冬以外はかなり暑いです。寒さなら中に着込んで対処できますが、暑いと分厚いレインコートなんて着ていられないし、雨に濡れなくとも自分の汗でぐっしょりになってしまいます。薄いほうが夏にも着られて、しかもかさばらないのでおすすめです。

「LIMO[リーモ]の今日の記事へ」

2. ビニール・ファスナーつきのバッグ(もしくはバックパック)

バッグは多少の雨は通さないビニール製のものが安心です。どこで子どもにひっくり返されるかわからないので、口にファスナーがついているとパーフェクト。ガンガンものを詰め込んで、多少手荒に扱っても気にならないようなものにしましょう。軽いとよりベター。

好みもありますがバックパックは子連れ時には楽です。重いバッグを片方の肩にかけて自転車に乗るのはとても危険。荷物が多い時には折り畳めるバックパックなどを利用できるといいですね。

3. ウェットティッシュ

子どもって突然ハナがでたり、あわてて出かけると口を拭き忘れていたりするのでバッグに常備してあると便利。でも抗菌などは肌がかぶれることもあるので、一番安心なのはおしりふきです。

4. ミニタオル

ハンカチよりも吸水性があり便利。たまに子どもが保育園で使うミニタオルを忘れてしまった時に代用として置いてきたりもします。ちゃんと名前も書いておきますよ。

5. ビニール袋

バッグに1、2枚あると助かる日が必ずやってきます。ものすごく汚れた何かを突然、持ち帰らなければならない日が……。園内で汚れたものは先生がまとめていてくれますが、いつどこで汚れ物がやってくるかわかりません。袋の大きさは、やはり「大は小を兼ねる」です。

番外編:ウチでは役立たなかった送迎グッズ(雨の日編)

これはあくまで我が家の場合ですので、笑ってお許しを。

子どもたちが大好き! 買い与えたとたん振り回し引きずり回し、次の日には骨が折れてしまいました。雨の日にさすことなく。

長靴

うちの子の成長が異常に早いのか、ほとんどはかずにサイズアウトしてしまいました。晴れの日に履きたがるかと思えば雨の日には履かないといい、こっちもめんどくさくなりました。

長男の2歳イヤイヤ期に買ったレインコートと自転車座席カバー

当時はものすごい反抗期で、どんな豪雨や厳冬期にも彼は上着と言うものを一切、着ませんでした。ある冬の雨の日、彼は唇を紫にしながら上着を着せようとする私に抵抗し続けました。

2歳といえど意志のある人間、親の思うようにはできません。逃げ回り、着せても脱ぎ……。理由を聞いても彼はまだ気持ちを説明できるほどのボキャブラリーを持っていません。もはや呆れるのを通り越してなんだか感心してしまいました。

成長の早い時期、レインコートは一度も袖を通さないまま終わりました。そのとき買った座席カバーも気に食わないものだったらしく、外さないと自転車に乗ってくれませんでした。結局これもムダ。

次に買ったカバーは「すごい飛行機のキャノピーみたい!」とかなんとか言っていい気にさせたら素直に中におさまりました。

4歳になった今はといえば、もう普通の人です。雨が降ればレインコート、寒ければ何かを自分ではおります。ラクになったのは嬉しいのですが「どうして2歳のときは上着あんなに嫌だったの?」と聞くと毎回違う答えが返ってくる。もしかしてでまかせ言ってる? 忘れちゃうものなのかな?

思い出すと使われずにムダになった子ども用品の多いこと。残念です。イヤイヤばかり言うかと思いきや、昔から自分で選んだものはずっと使うので、本人に選ばせたほうがいいのかもしれません。ウチの場合はですが。

ママはついあらかじめ色々準備してしまうものですが、必要になってから入手するほうが失敗もないようですよ。