累計発行部数4000万部超を記録する大ヒット漫画を山崎賢人主演で実写映画化した『キングダム』の初日舞台挨拶が4月19日TOHOシネマズ日比谷で開催され、山崎、吉沢亮長澤まさみ橋本環奈本郷奏多大沢たかお、佐藤信介監督が登壇。“夢”を聞かれた山崎が「天下の大将軍」、吉沢も「中華の唯一王」とのフィリップを掲げて、本作で演じたキャラクターの夢を叶えたいと告白。登壇者陣がそろって、続編への並々ならぬ熱意をあふれさせた。

【写真を見る】長澤まさみ、黒ドレスから美脚がチラリ!

本作は中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王・嬴政(えいせい/後の秦の始皇帝)の姿を壮大なスケールで描く、原泰久の漫画「キングダム」を実写映画化する歴史エンタテインメント大作。19日より全国342館388スクリーンで公開となり、興行収入40億円も狙える大ヒットスタートを切った。

メンバーは客席の間を通って登場。山崎と吉沢がすれ違う際にハグを交わすと、会場からも大歓声が上がった。山崎は「いま通ってくる時に『よかった』とか言ってくださる顔を見て、うれしく思います。安心しました」と観客の声や笑顔を前にして、感無量の面持ち。「撮影で込めるものは、込めた。やれることはやったので、皆さんに伝わっていけばうれしい」と訴え、「『キングダム』という作品に出会えて、信という役に出会えてよかった。クランクアップの挨拶の時には、信として挨拶をしてしまった。それくらい信が大好きで、信になっていたと自分でも思う」と役柄への愛情たっぷりに語っていた。

また吉沢は「山崎賢人という、同世代のトップを走り続けている役者の本気や『本当にすごいんだ』ということを間近で見せつけられた作品」と4度目の共演となった山崎を称え、「僕にとっても、役者人生のターニングポイント。それくらい大きな作品になった」としみじみと語っていた。

それぞれに“抱く夢”を発表することになったこの日。山崎は「天下の大将軍です!」と力強く告白。「このまま信を生き続けたい。天下の大将軍になるまで、生き続けたい」と話すと、吉沢も「びっくりなんですが、僕は“中華の唯一王”。理由は賢人とまったく同じ!それまでこの作品をやり続けたい」と夢の一致に大きな笑顔。橋本、本郷、大沢は「続編」、佐藤監督も「蛇甘平原」と本作では描かれなかった原作の戦いについて触れ「これはものすごい戦い。どうやって撮ろうかとブルブルしている」と語るなど、それぞれが続編を熱望していた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

山崎賢人「このまま信を生き続けたい!」続編を熱望!