アストンマーティン4月18日、『DBSスーパーレッジェーラ』(Aston Martin DBS Superleggera)の世界24台の限定車、「DBS 59」を発表した。

【大きい画像を見る】アストンマーティン DBS スーパーレッジェーラ の DBS 59


DBSスーパーレッジェーラは、アストンマーティンイタリアのカロッツェリアトゥーリングが共同開発した。かつて、アストンマーティンとカロッツェリアトゥーリングコラボレーションにより、『DB4』、『DB5』、『DB6』がラインナップされてきた。DBSスーパーレッジェーラは、カロッツェリアトゥーリングの軽量構造テクノロジーに敬意を表して開発された。アストンマーティンスポーツカーラインナップにおいて、頂点に位置するモデルになる。

1959年ルマン24時間レースで1-2フィニッシュを成し遂げたDBR1に敬意を表す

このDBSスーパーレッジェーラに、DBS 59が設定された。車名の「59」とは、アストンマーティンの伝説のレーシングカー、『DBR1』が1959年ルマン24時間耐久レースにおいて、1-2フィニッシュを成し遂げたことに敬意を表したものだ。世界限定24台を生産するが、これは24台のそれぞれが、アストンマーティンの歴史における象徴的なルマン24時間レースでの勝利の1時間を表すという意味を込めている。

DBS 59では、DBSスーパーレッジェーラをベースに、アストンマーティンの特別モデル開発部門、「Q byアストンマーティン」がカスタマイズを実施した。ボディカラーはレーシンググリーンで塗装する。ルーフパネルには、光沢仕上げのカーボンファイバーが配され、グリーンとのコントラストを強調している。

また、スーパーレッジェーラのボンネットエンブレム、オーダーメイドフロントグリルブレーキキャリパー、21インチ鍛造Yスポークサテンダブルトーンホイールなどは、ブロンズ仕上げに。フェンダーには、24台のそれぞれの番号を示すデカールを装着する。

DBS 59のエアロブレードには、Q by アストンマーティンの手によって、1959年ルマン優勝マシンDBR1のオリジナルデザイン、シャシー番号、およびエンジン番号示すホイルインレイを追加している。

DBR1で使用されていたオリジナルシート素材を分析して再現

インテリアは、DBR1で使用されていたオリジナルシート素材をQ byアストンマーティンが分析。シートバックとドアインサートを同じスタイルで再現することを目指した。シートバックには、オーダーメイドで、「59 Edition」のロゴを刺繍することが可能。パドルシフトは、ブロンズで仕上げられる。

内装は、オブシディアンブラックチェストナットタンのレザーを組み合わせた。リアスピーカーカバーには、1959年ルマンサーキットの刺繍が施される。また、サンバイザーの刺繍は、レースが行われた正確な日付を示し、24時間に323周を走破したことを祝う。アクセサリーとして、レプリカのヘリテージレーシングヘルメットブルーレーススーツキャロルシェルビーのレース用グローブのレプリカの設定が検討されている。

◆5.2リットルV12ツインターボは725ps。0~100km/h加速3.4秒、最高速340km/h

パワートレインは、5.2リットルV型12気筒ガソリンツインターボエンジンだ。最大出力は725ps/6500rpm、最大トルクは91.8kgm/1800~5000rpmというアストンマーティンの量産車としては、最強のパワートルクを引き出す。トランスミッションはZF製の8速ATを組み合わせた。カーボンファイバーやアルミなどの素材を採用し、乾燥重量は1693kgに抑えられた。その結果、0~100km/h加速3.4秒、最高速340km/hの性能を実現している。【ほかの画像を見る】アストンマーティン DBS スーパーレッジェーラ の DBS 59

アストンマーティン DBS スーパーレッジェーラ の DBS 59