Krush実行委員会
K-1 KRUSH FIGHT 100
2019年4月19日(金)東京・後楽園ホール

晃貴(左)が兄貴分の武尊を彷彿とさせる強烈なヒザ蹴りで隼也(右)の動きを止めた

メインイベント(第9試合) K-1 KRUSH FIGHTバンタム級タイトルマッチ 3分3R 延長1R
○晃貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/王者)
判定3-0 ※30-26、30-26、30-26
●隼也ウィラサクレック(WSRフェアテックス三ノ輪/挑戦者)
※晃貴が初防衛に成功。同選手は6月に両国国技館で開催されるK-1スーパー・バンタム級(-55kg)世界最強決定トーナメント出場権を得た。

強烈な右ローを放つ晃貴(右)

 晃貴は現K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・武尊と同じ鳥取県出身で、後輩にあたる。元々米子ジムに所属しており、武尊のキックボクシングの初師匠で武尊の高校時代の3年間、心技体を鍛え、武尊の強さの根源を作り上げてきた富村誠司会長の息子だ。現在は武尊を追いかけて上京し、K-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTに所属。1月の王座決定戦で萩原秀斗を延長戦の末に下し、第4代K-1 KRUSH FIGHTバンタム級王座に就いた。今回が初防衛戦。

 対する、隼也は16歳でWPMF(世界プロムエタイ連盟)日本タイトル史上最年少王者となり(フライ級)、2016年11月にはバンタム級のベルトも勝ち取って2階級制覇した20歳のチャンピオン2018年4月大会で晃貴から勝利を収めており、同年10月には敗れはしたが当時の王者・金子晃大に挑戦もしているため、今回挑戦者に抜擢された。

右のクロスクリーンヒットさせて晃貴がダウンを奪った

 1R、序盤、キレのあるジャブ、左ミドルと攻める隼也に対して晃貴は前進して重い右ロー、伸びるワンツーをヒットさせる。中盤、距離を取って前蹴りを放った隼也のふところに晃貴が入り込み、左ジャブから右ストレートクリーンヒット。ぐらついた隼也に、晃貴がパンチを集めていき右のクロスカウンターで先制のダウンを奪う。続けて襲いかかろうとした晃貴だったが、隼也はゴングに救われる。

 2R、勢いに乗る晃貴が前進して積極的に奥足のロー、右ミドルと散らしていく。ダウンを奪われた隼也はひるまず左ミドル、左フックヒットさせるがパンチの打ち合いでは晃貴に分があるようで、隼也が左右のフックを繰り出してもしっかりブロックされ、返しの右ストレートを被弾してしまう。隼也は鼻から出血が見られ、ラウンド終了間際に晃貴に強烈な右ヒザをもらう。

 3R、後が無い隼也は前に出て、左右のフックを狙うが晃貴にバックステップでかわされ、逆に右ローやワンツーをもらい続けてしまう。ラウンド後半、左フックを振るわんとする隼也に対して、余裕を見せる晃貴が右のクロスカウンタークリーンヒットさせる。ぐらついた隼也に晃貴は得意の右フック、さらには右ヒザで隼也を追い詰めたところで終了のゴング。前回のリベンジを果たした晃貴だが、KO勝利を狙っていたのか首をかしげた

 マイクを持った晃貴は「次は6月30日、思いっきり楽しんで思いっきり盛り上げます。このままでは(K-1に)通用しないと思うのでもっと強くなります」と次回に向けて力強いコメントを残した。その後6月のK-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメントに出場が決まっている選手がリング上に上がって意気込みを語った。

6月のK-1で世界トーナメントに望む左から玖村将史、晃貴、武居由樹、玖村修平

 現K-1スーパー・バンタム級王者・武居由樹は「6月30日は僕が盛り上げて3試合全勝します。盛り上げるのでぜひ会場に来てください」元NJKFバンタム級王者・玖村修平は「1回戦勝ったら世界最強の武居選手とやれるので、玖村兄弟で武居選手塞ぎをしたいと思っています。そして決勝で世界最強の兄弟喧嘩をしたいと思います」第6代K-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級王者・玖村将史は「6月30日は1回戦に勝ったら晃貴選手とやれるので、KRUSH王者同士で盛り上げたいと思います」とそれぞれ意気込みを語った。


強烈なパンチで牧平(左)をぐらつかせる松岡(右)

セミファイナル(第8試合) K-1 KRUSH FIGHTウェルター級 3分3R 延長1R
●牧平圭太(HALEO TOP TEAM
判定3-0 ※29-27、30-27、29-27
○松岡力(K-1ジム五反田チームキングス)

 牧平は、サウスポースタイルから繰り出す強烈な蹴りを武器にKrushを主戦場に活躍。2014年第3代Krush-67kg同王者となった。その後K-1出場を果たすもその後は連敗。18年にはタイトルマッチで破れ王座獲得はならなかった。しかし、11月の谷山俊樹戦では復活の勝利を飾った。

上手く牧平の蹴りを後半は攻略した

 対する松岡は、関西を中心に活躍し高校卒業後に上京。2017年からK-1グループに参戦しK-1トーナメント3位の山際和希を撃破。さらに7月に中国の超強豪ティエ・インホァに圧勝し世界にその名を轟かせた。しかし年末のK-1大阪大会では国内トップクラスの野圦正明に1RKO負けを喫し、今回が再起戦となる。

 1R、牧平が左ローキック、左ミドルを積極的に当てていくと、松岡は右ミドル、右ローを返す。距離が近くなると松岡は左右のフックを振るうがこれは牧平にガードされる。松岡は、牧平のミドルをよく見てかわす場面もあるが強力な蹴りを被弾してしまう。

 2R、1R同様に牧平は左ロー、左ミドルで相手の腕を潰しにかかり松岡の腕と腹は真っ赤になる。しかし、一気に距離が近くなったところで松岡は左右のフックヒットさせ、右アッパーまで繋げて反撃。牧平は鼻から出血しパンチを嫌がったのか組み付きが増える。これに対してレフェリーから牧平に対して注意が与えられた。

 3R、牧平は左ミドルで先制するが、明らかに蹴りが出なくなり動きが鈍くなる。中盤、距離が近くなったところで、松岡が牧平の左ローに合わせて右フッククリーンヒット。これにダメージがあったか牧平は後退し、松岡がショートフックからの右アッパーを連続でヒットさせる。明らかパンチによるダメージによって組みつきが増えた牧平は、レフェリーからイエローカード、減点1を宣告される。終了間際、松岡が牧平をロープに押し込み、左右のパンチでぐらつかせたところで終了のゴング

伊澤の強烈なローキックをもらいながら前に出続けたTETSU(右)

▼第7試合 K-1 KRUSH FIGHTフェザー級 3分3R 延長1R
●伊澤波人(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
判定3-0 ※30-29、30-29、30-28
TETSU(月心会チーム侍)

 空手の先生としての活動も行いながら、K-1 KRUSH FIGHTタイトルマッチ挑戦に向けて重要な1戦に臨む伊澤と、K-1に出場した和島や椿原など若手強豪選手が揃う月心会所属で、前回BIGBANG王者の佐野天馬を撃破したホープTETSUが激突。

伊澤のローキックTESTUのももにダメージを与える

 1R、TETSUが序盤から積極的に前に出て左ミドル、左右のパンチを当てていき、こかせる場面も見られる。対する伊澤は、TETSUパンチに地道にローキックを返す。中盤以降、伊澤がセコンドからの指示で前進し、近い距離でローキックを連続で放つ。

 2R、1R同様ブロックを固めて、伊澤が重いローキックを走らせ、TETSUは左フック、右アッパーとパンチコンビネーションで対抗。手数ではTETSUが大きく上回るが、伊澤のローのダメージも徐々に感じさせる。

左ミドルを突き刺すTETSU

 3R、サウスポーにスイッチもしながら伊澤の圧力に耐えて、果敢に左フック、右アッパー、ストレートと手数を出していくTETSU。伊澤はこれまで同様前に出て右ロー、奥足の左ローを走らせるがこれがローブローとなってタイムストップがかかる。終盤になり、TETSUが伊澤に怒涛のラッシュを見せ左右のフック、飛びヒザと繋ぐ。最後までお互いに引かなかったが、TETSUが手数と攻撃のバリエーションで上回った形となった。


山際(右)の多彩な蹴り技が光り、右ハイキックでKO勝ちした

▼第6試合 K-1 KRUSH FIGHTウェルター級 3分3R 延長1R
○山際和希(谷山ジム)
KO 2分 22秒 ※右ハイキック
●大泉翔(昇龍會)

 山際は「孤高の勝ち職人」と呼ばれ、BIG BANG王座の獲得歴や、K-1世界トーナメント3位の実績を持つファイター。対する大泉は、元プロボクシング西日本新人王の実績を持つ。

蹴りでダメージを与え、パンチダウンを奪った

 1R、大泉がサウスポー。大泉が右ジャブから大振りの左フックを狙っていくが山際は上手く距離を取ってかわす。山際は右ロー、右ミドルを当て込み大泉が後退したところでパンチの連打でダウンを奪う。山際はチャンスと見て追撃し、パンチでの勝負に出ると大泉のカウンターの右フッククリーンヒットし、大泉がダウンを奪い返す。ぐらつく山際に大泉が襲い掛かりパンチの連打を仕掛けるがここでゴング

 2R、序盤から山際が右ミドルと右ローを多用していき、大泉は飛び込んでの左ストレートヒットさせる。しかし中盤、山際が右ミドルでボディを効かせパンチの連打で2度目のダウンを奪う。何とか大泉は立ち上がるも前に出ることができず、一方的に山際の右ミドルを受け続け防戦一方となってしまう。

 3R、大泉が右ジャブから大振りの左フックを狙っていったところに、山際のカウンターの強烈な右ハイキッククリーンヒットし大泉がよろめくようにダウン。大泉は何とか立ち上がったが、足元がおぼつかなくレフリーが試合を止めた。

 勝利した山際は「今日はたくさんの応援ありがとうございました。対戦相手の大泉選手もありがとうございます。大泉選手はパンチが強くて効いたパンチもありました。でも皆さんの応援で勝てたと思います。今後はどんどんKRUSHのタイトルに絡むか、K-1での試合をしていきたいです。よろしくおねがいします」と力強くコメントした。

的確にパンチを当てた椿原(左)が判定勝利

▼第5試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級 3分3R 延長1R
○椿原龍矢(月心会チーム侍)
判定2-0 ※30-28、29-29、30-28
●龍斗(K-1 GYM横浜infinity

 前回のKrushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント2回戦では敗れたが、元Krush王者の西京春馬など実力者を撃破したこともある椿原と、里見柚己など若手選手の台頭が見られるK-1 GYM横浜infinity所属の龍斗が激突。

龍斗も果敢に最後まで攻めた

 1R、序盤、椿原がスピードのある右ローで先制すると、龍斗はすぐに左ミドルを返す。中盤、龍斗が左ジャブを突き刺し右フックで攻めると、椿原がカウンターの右ストレートクリーンヒット。さらにコーナーに追い込んでパンチの連打につなげたが、負けじと龍斗も押し返し、右ストレートヒットさせた。

 2R、前蹴りで接近戦に持ち込ませたくない龍斗は蹴りを多用。対する椿原は、左ジャブで距離を測って接近し被せる右フックヒットさせる。龍斗は中盤以降、セコンドの指示で圧力をかけて前に出るが、またもカウンターの右を被弾する。終盤に椿原はカウンターの右ハイキックヒットさせた。

蹴り技も多彩な椿原(右)

 3R、序盤から前に出て、左ジャブからの右ストレートを当てていく龍斗だが、椿原も負けじとかぶせる右フック、さらに右ヒザを返す。中盤、笑いながら前に出てパンチを左右のフック、右ローを振るっていく龍斗だが、椿原も飛び込んでの右ヒザや右ストレートで押し返す。クリーンヒット数で上回った椿原が判定勝利を収めた。


鷹大(左)がKO勝ちを収めた

▼第4試合 K-1 KRUSH FIGHTフェザー級 3分3R 延長1R
○鷹大(WSRフェアテックス西川口)
KO 1R 1分30秒 ※左フック
●三輪裕樹(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
※三輪が規定時間内に契約体重をクリアー出来なかったため、グローブハンデと減点2スタートとなった

 1R、序盤、左右のローキックを当て込んでいく三輪に、鷹大も左ミドル、右ストレートを返していく。中盤、三輪が左ジャブから右ストレートにつなげると、鷹大が右のカウンターヒットさせてダウンを奪う。立ち上がった三輪に対して、鷹大が飛び込んでの強烈な左フックをぶち込み三輪は吹っ飛ぶように倒れ、レフリーが試合を止めた。

強烈な左ミドルをヒットさせる蒼士(左)

▼第3試合 K-1 KRUSH FIGHTバンタム級 3分3R 延長1R
●萩原秀斗(K-1ジム総本部チームペガサス
判定3-0 30-28 30-27 30-26
○蒼士(昇龍會)

激しい打ち合いが展開された

 前回晃貴とのKrushバンタム級タイトルマッチで、延長の末判定で敗れて今回が再起戦の萩原と、関西出身で若手のホープの蒼士が対戦する。

 1R、スピードのあるローを走らせる蒼士に対して、萩原はサークリングしながらよく見てワンツーや左ミドルを返す。終盤、右ミドルを放つ萩原に蒼士が飛び込んでの左右のフックヒットさせた。

 2R,蒼士は序盤から、回転の速い左右のローキックを叩き込み、萩原が左右のパンチを合わせる展開。中盤、お互いのパンチが交錯し、萩原が左フックヒットさせると蒼士が右フックカウンターヒットさせ、萩原がバランスを崩しこれがダウンとなった。

 3R、後が無い萩原が前に出て左右のワンツーを振るっていくが、蒼士がカウンターの左ボディや右ミドルを立て続けにヒットさせる。萩原は諦めずに最後まで前進するが、なかなかヒットを奪えず蒼士の右ストレートを被弾してしまう。手数、クリーンヒット数共に上回った蒼士が判定勝利を収めた。

序盤は劣勢だった伊藤(左)だが勝利を掴み取った

▼第2試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級 3分3R 延長1R
○伊藤健人(K-1ジム目黒TEAM TIGER
KO 3R 2分30秒※右ヒザ蹴り
●優谷(WSRフェアテックス西川口)

 1R、優谷がサウスポー。伊藤の左ローに対して、優谷が左右のフックから左ボディを返していく。終盤、伊藤の右ストレートに優谷が左のクロスカウンターを合わせ、さらに強烈な左ボディからのパンチの連打で攻め立てた。

 2Rの序盤、優谷が強烈な左ミドルで先制すると伊藤がローをすかさず返すがこれがローブローとなった。その後、優谷の飛びこみの左フックに、伊藤が強烈な右ミドルと、ボディを合わせてヒットさせこれでダメージあったか優谷が後退する。

 3R、諦めない優谷が前に出てワンツーを振るっていくと、伊藤が右ストレート、右ボディを効かせて2R同様に後退させる。優谷は口が開いているが果敢にワンツーを繰りだす。しかし、それに伊藤が右ストレートを合わせて、さらに強烈な右ミドルをヒットさせる。明らかにボディを嫌がる優谷に伊藤はロープに詰めて強烈な右ミドルから右ボディでダウンを奪う。さらに追撃してパンチをまとめ、最後は右ヒザで優谷をマットに沈めた。


ジム移籍という大きな決断をし、復活の勝利を挙げた平山(右)

▼第1試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパーライト級 3分3R 延長1R
○平山迅(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ
KO 2 R 1分46秒
●竹内悠希(K-1ジム五反田チームキングス)

 平山は、昨年の3月K-1に参戦し現K-1 KRUSH FIGHTウェルター級王者・木村フィリップミノルとの対戦経験を持つ。今回から更なる強さを求めてK-1ジム三軒茶屋シルバーウルフに移籍。復活が期待される。対する竹内はK-1ジムEBISUからK-1ジム五反田に所属を変えての第一戦を2月に行い、初回KO勝ちで幸先のいいスタートを切っている。

 1R、序盤から重い左ジャブを突き刺して、竹内をコーナーに詰まらせて右ストレート、ボディを振るっていく。竹内はミドルやローを返すも平山に上手くカットされる。平山は終盤に竹内をコーナーに詰めて豪快な右のパンチ、ロー、ヒザを散らしていく。

 2R、平山はリング中央を取って、重い右ローを竹内に放つと竹内の足が流れる。1Rのパンチダメージが抜けない竹内だが、果敢に左ミドルを返す。しかし中盤、平山が竹内をコーナーに追い詰めて、強烈な右ボディ、右ストレート、さらに連続の右飛びヒザでダウンを奪う。これに竹内は立ち上がることが出来ず、平山の衝撃KOとなった。

 マイクを持った平山は「はじめにシルバーウルフの大宮司さんありがとうございます。会場の方、神戸で応援してくれている方もありがとうございます。最終的に結果に結び付けられたのはみなさんのおかげです。K-1の大阪大会呼んでください」と語った。


 

期待の19歳菅原(右)はプロ初黒星

▼プレリミナリーファイト第2試合 K-1 KRUSH FIGHT女子アトム級 2分3R
●菅原美優(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ
KO 3R 1分08秒
○延谷美智子(K-1ジム川口TEAM SIRIUS

伸びのある蹴りで一度はダウンを奪った菅原

 菅原はK-1アマチュアで優勝経験のある実力者で今回がプロ2戦目。普段、昼間は美容学生として学校に通い、夕方からは練習が厳しいことで有名なシルバーウルフで練習に励む。デビュー前からルックスの良さで注目を集め、デビュー前では初めて密着番組の「ONE DAY」が放送されるほど注目されている。対する延谷も、K-1アマチュアで実績を残したファイターだ。

 1R、序盤、菅原はサークリングして左ミドルや右の前蹴りを当てていき、延谷は菅原の蹴りに物怖じせず前に出て、左右のフックや右ストレートを返す。前蹴りで序盤は相手のパンチをいなしていた菅原だったが、中盤以降は延谷のパンチを被弾してしまう。後半、打ち合いの中で延谷の頭が菅原に当たったとしてバッティングとなる。再開後、菅原が走り込んでの右の顔面前蹴りでダウンを奪う。

最終3ラウンドには延谷がパンチをラッシュしダウン奪いKO勝ちとなった。

 2R、延谷はダウンを取られたため序盤から前進し、左右のパンチを連続で菅原に振るっていく。菅原は顔面前蹴りで対抗するが、ロープに詰まりかなりスタミナを奪われた様子。延谷が的確にパンチヒットさせてダメージを蓄積させていく。

 3R、2R同様に延谷は菅原をロープ際に追い込みパンチを連続でヒットさせる。菅原は鼻血を出してしまうが、必死に左ミドルや右ストレートを返す。しかし中盤、延谷の右フックが菅原の顔面にクリーンヒットし、菅原はしゃがみこむように倒れてダウン。カウントが数えられる中、菅原はファイティングポーズを取ることができずプロ初のKO負けを喫した。


▼プレリミナリーファイト第1試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパーライト級 3分3R>
●小島大輝(一信会館総本部)
KO 2R 48秒 ※左ハイキック
○寺島輝(TANG TANG FIGHT CLUB

※プレリミナリーファイト第1試合に予定されていた、桑田裕太(Ωmega)vs篠原広耀(優弥道場)は両者コンディション上の都合により失格となった。よって、プレリミナリーファイトが1試合ずつ繰り上がって行われることになった。

晃貴(右)が武尊を彷彿とさせる強烈なヒザ蹴りで隼也(右)の動きを止めた