Epic Gamesは、『フォートナイト』のWorld Cupオンラインオープンウィーク1トーナメントにて行われた不正に関する情報とその対応を発表しました。

【大きい画像を見る】『フォートナイト』World Cupオンラインオープン、ウィーク1での不正対応を発表―200超のアカウントが賞金獲得不可に


今回発表された不正は多岐に及び、「他の競技者にポイントを渡さないために意図的に切断したことによる72時間の競技プレイアクセス禁止処分」、「準決勝においてのチート使用による1名の無期限アクセス禁止処分」、「チーミングによる8アカウントアクセス禁止処分」、「アカウント共有による48アカウントの7日間のアクセス禁止処分」、「トーナメント期間中にリージョンロックを不正回避して複数の地域で参加したことによる1163のアカウントの14日間の競技プレイアクセス禁止処分」があげられています。

不正行為が検出された場合、該当アカウントは賞金獲得権を失う形になり、単純合計では250近いアカウントが本来得られた賞金を入手できない形となりました。なお、 別アカウントや新しいアカウントを作成して競技プレイアクセス禁止処分を不正回避しようとする行為は、競技プレイからの永久追放処分につながるとのことです。

また、発表ではリアルタイムのチーミング検知システムトーナメントアリーナゲームなどの競技プレイに導入されたことを告知しているほか、World Cupオンラインオープンウィーク1のリプレイを見る方法についても言及されています。【ほかの画像を見る】『フォートナイト』World Cupオンラインオープン、ウィーク1での不正対応を発表―200超のアカウントが賞金獲得不可に

『フォートナイト』World Cupオンラインオープン、ウィーク1での不正対応を発表―200超のアカウントが賞金獲得不可に