広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第3週「なつよ、これが青春だ」(第18回)が20日に放送され、なつ(広瀬)が泰樹(草刈正雄)に「大好き」と伝えるシーンに、SNS上には「涙が出た」「また今日も泣かされた…」「私たちもおんじ大好きです」などの声が殺到した。

【写真】広瀬すずが演劇部を訪問し…『なつぞら』第17回フォトギャラリー

 乳業メーカーをめぐる富士子(松嶋菜々子)と剛男(藤木直人)の対応に、泰樹(草刈)は心を閉ざしてしまう。その夜、なつ(広瀬)は、泰樹と気が合わない剛男となぜ結婚したのか、富士子に尋ねる。すると富士子は、剛男が抱えていた境遇や結婚に至った経緯を静かに語りだした。そしてなつは、演劇部の練習室を訪問。泰樹のために、自分にできることはあるか、顧問の倉田先生(柄本佑)に尋ねる。

 なつが牛舎で仔牛の世話をしていると、そこに泰樹がやってくる。なつは農協との問題について泰樹の気持ちを理解しきれなかったことについて「色々とごめんなさい…」と頭を下げる。これに応えるように泰樹も「ワシこそ悪かった」とポツリ。

 続けて泰樹は、農協から借りた牛を飼い始めた天陽(吉沢亮)の一家に、柴田牧場の干し草を持って行きたいというなつの願いを拒否したことを謝ると、「天陽に会うなと言ったわけじゃない。天陽の牛にも罪はない。干し草も持って行ってやれ」と言葉をかける。泰樹の気持ちを受け取ったなつは涙ぐみながら「じいちゃん…やっぱりじいちゃん大好き」と打ち明ける。

 この一言にネット上には「うるるなっちゃんええ子やなぁ」「心にしみた。涙が出た」「また今日も泣かされた…」などのコメントが殺到。さらに「じーちゃんと夏の関係、すごくいい」「見ている私たちもおんじ大好きです」などの声もSNS上に寄せられた。

 なつの言葉を聞いた泰樹は一瞬、感極まった表情になると「いちいち家族にそんなこと言うなぁ」とつぶやき照れ笑いを浮かべる。この泰樹のリアクションに視聴者からは「なつに言われて嬉しい顔ったら!」「おんじの照れた笑顔にジーンときた」「じーちゃんが一瞬「クゥーッ」みたいな感じで目を細めるの最高」などのツイートが上がっていた。

広瀬すず クランクイン!