フィオレンティーナが急逝した元イタリア代表DFのダビデ・アストーリ氏の遺族に対して、寄付を行ったという。『フットボールイタリア』が報じた。

アストーリ氏は2018年3月初旬、遠征先のホテルで急死。フットボール界に衝撃が走ったアストーリ氏の訃報を受け、これまで様々な形で援助を行ってきたフィオレンティーナだが、新たに150ユーロ(約1億8000万円)を遺族に寄付した模様だ。

それはフィオレンティーナが18日に公表した2018年度の財務諸表で明らかに。その2018年度は1570万ユーロ(19億7000万円)の赤字だったが、アストーリ氏に対する敬意を貫き、遺族に対しての支援を続けた格好だ。

サムネイル画像