2019年4月19日(金)、東京のT・ジョイ SEIBU 大泉で劇場アニメ「えいがのおそ松さん」舞台挨拶が行われ、舞台「おそ松さん on STAGE」のおそ松役・高崎翔太さんと、F6おそ松役・井澤勇貴さんが登壇。トークに花を咲かせました。

「えいがのおそ松さん」はプライベートでも劇場で見たと語る高崎翔太さん

劇場版の感想を尋ねられると「TVアニメでは日常の描写を中心としたお話でしたが、(劇場版は)ファンタジーのようでもあって新鮮でした。6つ子たちが18歳の自分たちに「今のままでいいよ」とアドバイスするシーンは感動しました」と井澤さん。一方、高崎さんは、この舞台挨拶の前にプライベートでも劇場に足を運んで本作を観ていたそうです。「お客さんの年齢層が幅広くて驚きました。エンドロールの演出は思わず泣けてしまいましたが、(その劇場では)すぐ照明を着けるので気恥ずかしかったです(笑)」と語りました。

おそ松さん」といえば、抱腹絶倒のギャグも魅力のひとつ。お気に入りのギャグシーンは? という話題におよぶと、井澤さんは「6つ子の誰かが兄弟にたちに対して怒るとき、急にリアルな顔になったりしますよね。トッティ(トド松)とか。あれがツボにはまりました」と答えると、高崎さんからは、舞台でトド松を演じる赤澤遼太郎さんがあの顔を再現できないか一生懸命練習していたというエピソード明らかに。井澤さんが「それは無理でしょう!(笑)」と答え、会場も笑いに包まれました。

次の質問は、「(「えいがのおそ末さん」の)作中で描かれた18歳の6つ子を見てどのような感想を抱いたか」というもの。ここでも先に口火を切った井澤さんは「おそ松さんと高崎君は本当にそのまま(そっくり)だなと。舞台で「おそ松さん」を公演したあとにあらためてアニメを見ると「高崎君をアニメにしたみたいだ」と思います」とコメント。高崎さんは「自分とおそ松にはまったく共通点はない。舞台に備えて一生懸命キャラを作っているんだ」と否定しつつも、舞台でチョロ松を演じる植田圭輔さんと「おそ松さんの舞台だけで一生食べていくことはできないものか」を話したことがあるとも暴露(?)。井澤さんから「やっぱり、おそ松そのままだよね(笑)」と太鼓判を押されました。

話がひとしきり盛り上がったところで、お二人から重大発表が。舞台の3作目となる「おそ松さん on STAGESIX MEN'S SHOW TIME 3~」が2019年冬に上演されること、そして、それを記念して、5月24日(金)~26日(日)にかけて劇場で「おそ松さん on STAGESIX MEN'S SHOW TIME~」と「おそ松さん on STAGESIX MEN'S SHOW TIME 2~」の上映会が開催されることが発表されました。「SIX MEN'S SHOW TIME 3」のチケット情報は後日あらためて発表されるとのことですが、記念上映会のチケットは本日より一次抽選の受け付けが始まっています。

最後にコメントを求められると、井澤さんは「F6のライブツアーを経て、パフォーマンスにより磨きをかけました。(「SIX MEN'S SHOW TIME 3」では)さらに研ぎ澄まされたおそ松をお見せできると思います!」と自信をのぞかせ、高崎さんが「これからも、アニメといっしょに舞台も盛り上げていきたいと思います。応援、よろしくお願いします!」と力強く語り、舞台挨拶は幕を閉じました。(WebNewtype

舞台「おそ松さん on STAGE」の3作目が2019年冬に公演決定