stonehenge-1053030_640_e

Image by InspiredImages from Pixabay

 イギリス南部・ソールベリーから北西に13km進むとそれはある。ストーンヘンジは環状に巨石を直立させたストーンサークルだ。

 考古学者はストーンヘンジが紀元前2500年から紀元前2000年に作られたと考えている。そんな大昔にいったい誰がこの巨石を持ち運び、ストーンヘンジを作ったのか?

 現代の遺伝子解析により、その謎が明らかになりつつある。

 ストーンヘンジを作ったその先祖は、トルコからイギリスへやってきた移民だったようだ。

―あわせて読みたい―

ストーンヘンジの建設者はピタゴラスが生まれる2000年前にピタゴラスの定理を用いていた
古代エジプト人のDNA分析からわかった彼らの起源。彼らはアフリカよりも中東に近いことが判明(ドイツ研究)
イヌイットが氷河期を生き残った理由は、デニソワ人の遺伝子が受け継がれていたという研究結果
古代のDNAから判明した驚きの10の発見
地球に現れた最初の生命「LUCA(全生物最終共通祖先)」は半分生きている?(ドイツ研究)

イギリスに農業革命を起こしたトルコの移民

 今から6000年ほど前、エーゲ海沿岸の現在のトルコにあたる地域からやってきた農民たちは、ヨーロッパ本土を横断し、しばし地中海地域と入り混じったあとでブリテン島へ渡り、そこへ農業を伝えた。

 そして彼らは、ほんの数世紀ほどで、当時そこで暮らしていた土着の狩猟採集民たちと入れ替わってしまった。

 そう、イギリスに農業革命をもたらし、やがてストーンヘンジを建設することになった人々は、トルコからやってきた移民だったのである。

古代ブリテン島の住人の遺伝子を解析

 『Nature: Ecology & Evolution』に掲載された研究では、紀元前8500~2500年前のグレートブリテン島で生きていた人々のDNAを解析した。

 その対象となったのは、6名の新石器時代の狩猟採集民(1万1600~6000年前)と47名の新石器時代の農民(6000~4500年前)だ。その中にはイギリスで発見された最古のほぼ完全な人骨「チェダーマン」も含まれている。

新石器時代のブリトン人「チェダーマン」


 解析の結果、ほとんどの狩猟採集民は、エーゲ海沿岸地域出身の人々を祖先とする農民によって入れ替わっていたことが判明した。

 彼らの遺伝子構成は、現代のスペイン人やポルトガル人に近いものだという。

移民が古代のイギリスに残した大きな足跡

 研究から明らかになったもっとも重要なことは、彼らがそこに遺伝的な足跡を残しただけでなく、農業という革命をもたらし、さらには新しい埋葬習慣、土器、モニュメントの建設といった文化的な影響をも与えたことだ。

農業への移行は、人類進化史上もっとも重要な技術革新の1つです。イギリスにそれをもたらしたのが大陸から移住してきた農民であったのか、それとも土着の狩猟採集民が取り入れたのか、これは100年以上も続いてきた議論でした。(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン マークトーマス氏)

 ほかのヨーロッパの狩猟採集民の大半と同じく、新石器時代のブリトン人は浅黒い肌に青い目をしていた。

 しかし、こうした遺伝子は、エーゲ海出身の農民が到来したことでさっと一掃されてしまった。このことから、土着民族は比較的少数であり、新参者たちにすぐに飲み込まれていったことが窺える。

ヨーロッパにおける人類の複雑な移住史

 じつは大陸からの農民たちについてももまた、その遺伝的な変遷の歴史について長きに渡る厄介な議論がある。

 トルコから始まった彼らの旅は、地中海と現在のドイツにあたるライン川・ドナウ川の両方に沿って広まり、その途中で文化や遺伝子を拾っていったとされる。

 今回の研究は、ヨーロッパやさらに広い地域における移住と遺伝子の伝搬の歴史が、一筋縄では理解できないことを思い起こさせてくれる。

 それは想像以上に複雑に織り成されているのだ。

References:nhm.ac.uk / sciencealert/ written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52273377.html
 

こちらもオススメ!

―知るの紹介記事―

図書館の本を返し忘れた。延滞料を支払う代わりに、食料やペットフードで支払う試みが開始される(アメリカ)
「世界で一番幸福な国」2年連続1位のフィンランドが、幸せになる秘訣を教えてあげるよ。無料の旅行ツアーを開催
10年間共に過ごした飼い主が亡くなってしまった。悲しみに暮れ、一度生きることを放棄した犬の物語(アメリカ)
ワームホールによるワープは可能。でも思っているより時間がかかり近道にはならない(ハーバード大学物理学者)
アート界の奇才「サルバドール・ダリ 」の驚くべき広告・CM作品

―自然・廃墟・宇宙についての記事―

地球上で最も高価な物質ベスト10(2019年版)
深海2000メートルの熱水噴出孔で形成されていたのは、多様な生物に覆われた鏡のような鉱物の塔(メキシコ)
ニューヨーク州の萌える要塞廃墟「フォート・モンゴメリー」がナウ・オン・セール!
国際宇宙ステーション内が細菌の宝庫となっている件
地上から空に斜めに伸びる緑色の美しい光の筋。その正体は?(オーストラリア)
ストーンヘンジは誰が作ったのか?現代の遺伝子解析がその謎に迫る(英研究)