フィオレンティーナを破り、移籍1年目でセリエA制覇「歴史上で初めての選手になれた」

 ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間20日のセリエA第33節フィオレンティーナ戦でフル出場するとチームは2-1で勝利。リーグ8連覇をクラブが達成するなかで自身初のセリエAタイトルを手にした。プレミアリーグリーガ・エスパニョーラセリエAを制した初の選手となったロナウドは試合後、「数千パーセントの確率で残留する」と語った。

 16日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でベスト8敗退に追い込まれたユベントスは前半6分に先制を許す試合展開ながら、ハーフタイムを前にブラジル代表DFアレックスサンドロがコーナーキックから同点ゴール。後半8分には右サイドロナウドが縦に鋭く突破し、マイナス折り返しに相手DFがオウンゴールをして勝ち越し。このまま2-1で勝利した。

 今季、スペイン1部レアル・マドリードから移籍加入したロナウドにとっては、初のセリエAタイトルとなった。試合後にロナウドは現地で中継を担当した「DAZN」のインタビューで「とても嬉しい。セリエAを初めて制したことで、プレミアリーグリーガ・エスパニョーラセリエAを制した歴史上で初めての選手になれた。確かに僕たちはCLで優勝することはできなかったが、来季はもっと上手くやれる。数千パーセントの確率で残留するよ」と喜びを語った。

 また、ロナウドは続いて衛星放送局「スカイスポーツ」に対し、「とても良いシーズンだったと言える。リーグとスーペルコッパを制したわけだからね。CLで優勝できるのは1チームだけであり、最善は尽くしたけど来シーズンはもっと違う姿を見せられる。ポジティブな感覚を持っているよ」と話した。

 イタリアメディアでは、今季からの4年契約で加入したものの、来季がユベントスでのラストシーズンになるとも報じられたロナウド。それでも、このリーグ優勝によって欧州5大リーグのうち過半数を制したことにより、また新しくサッカー史にその名前を刻むことになった。(Football ZONE web編集部)

C・ロナウドは自身初のセリエAのタイトルを手にした【写真:AP】