ある1人の認知症女性(当時85歳)が2013年12月、入所していた長野県安曇野市の特別養護老人ホームで急死した。この死を巡り、長野地裁松本支部で3月25日、日本中の介護現場が注目を寄せた判決が言い渡された。業務上過失致死罪に問われ、判決で罰金20万円の有罪を言い渡されたのは、山口けさえ被告(58)。この老人ホームに勤務する准看護師だ。入所女性と、准看護師の間に一体何があったのか――。

被告は仲間から信頼されるベテランだった

 事件の舞台となった老人ホームあずみの里」は、松本市境に近い安曇野市内にあり、北アルプスを眺望できる立地にある。運営する社会福祉法人「協立福祉会」は県内の塩尻市などでも高齢者施設を展開。「あずみの里」を紹介するホームページでは「食事や入浴、排泄などで常に介護が必要な方をお世話します」「20人前後を1ユニットとして、生活の場であることを大切に、手と目が行き届いた介護をめざしています」「四季折々の行事や誕生会などのほか、ご家族との交流もさかんです」などとうたっている。

 この「あずみの里」で勤務する山口被告はベテランの准看護師だ。高校3年在学中の1979年に資格を取得し、結婚や子育てによる9年間の休職期間を挟み、病院や特別養護老人ホームで計30年のキャリアを積んでいる。職場仲間は、山口被告の献身的な働きぶりに信頼を寄せてきたという。

事件の発端はおやつの配膳

 一方、女性が入所したのは13年10月。入所前の71歳の時にアルツハイマー型認知症と診断され、80歳の時には自宅の2階の窓から転落して外傷性くも膜下出血などを負ったこともあったという。

 女性は「あずみの里」入所後、C棟で生活していた。同棟の定員は27人。担当するのは、8人の介護職員と1人の看護職員(山口被告)だった。もちろん、職員はローテーションを組んでおり、常時全員がいるわけではない。

 女性に「異変」が起きたのは12月12日。この日の午後3時過ぎ、C棟入所者のうち17人が食堂に集められ、「おやつの時間」が始まった。勤務していたのは、2人の介護職員と山口被告。介護職員のうち1人は入所者らに出すお茶を入れており、もう1人は入所者の排泄ケアに手間取り、食堂に来られていなかった。おやつの配膳は通常は介護職員が行うが、人手が足りないと気づいた山口被告が「お手伝い」を申し出た。

「どうしたの?」。介護職員が走り寄った……

 おやつは2種類あり、ドーナツゼリーだった。山口被告は、自分で食事が可能な女性にドーナツを配膳した後、「全介助」が必要な隣席の男性にゼリーを食べさせ始めた。この際、山口被告は男性と女性の間に入り、女性に背を向ける格好になっていた。

 ところが、しばらくして排泄ケアを終えて食堂に入ってきた介護職員が、女性がぐったりしているのに気づく。「どうしたの?」。介護職員が走り寄り、山口被告も振り返って女性の異変を悟った。とっさに女性の背中を何度も叩き、いったん女性を居室に連れて行って心臓マッサージなどを繰り返したが、意識は戻らず、病院に搬送される。

 女性はそのまま翌年1月16日に亡くなった。死亡診断書には直接の死因が「低酸素脳症」、その原因が「来院時心肺停止」と記されたが、具体的な理由は明らかにならなかった。

看護師は刑事裁判の被告に

 女性はなぜ急死したのか――。「不審死」として警察の捜査が進められ、最終的に長野地検は女性がドーナツをのどに詰まらせて窒息死したと判断した。業務上の注意義務を怠ったとして山口被告を起訴し、山口被告は刑事裁判の被告として裁かれることになる。15年4月に始まった裁判で山口被告は無罪を主張。約4年の裁判を経て、山口被告に有罪が言い渡された。量刑は検察の求刑通りだった。

 法廷で紫色のハンカチを両手で握りしめて言い渡しを聴いた山口被告は、うつむき、唇をかんだ。裁判所の外には、無罪判決を信じる支援者300人超も集まったが、判決の一報を知らせる弁護士が玄関から現れ「不当判決」と書いた紙を掲げると、驚きと失望の声が上がった。

 この裁判の争点は2つ。(1)女性の死因が「窒息死」だったのかどうか、(2)山口被告に「過失」があったのかどうか、だ。

(1)では、「ドーナツを詰まらせたことによる窒息死」と指摘する検察側の指摘に対し、弁護側は女性が同時に牛乳を飲んでいたことや、窒息死の前兆となる「むせり」「もがき」がなかった(あれば、女性に背を向けて男性を介助していた山口被告は当然気づいたとの主張)ことから、死因は脳梗塞心筋梗塞の可能性があると反論した。

 また、(2)で検察側は「女性は元々食べ物を口に詰め込む傾向があり、山口被告もそれを認識していた。(異変が起きた)約1週間前、介護職員らが集まる会議で女性へのおやつは、より柔らかいゼリー系にすると決まっていた」と主張した。

 一方の弁護側は「ゼリー系への変更は窒息の危険があったからではなく、消化不良の解消のためだった。看護職員の被告は、介護職員の引き継ぎまで目を通す義務まではなかった」と訴えた。判決は結局、いずれも検察の主張を採用する。弁護側はこれを不服として、東京高裁に即日控訴した。

無罪を求める署名は40万を超えた

 今回の裁判で、無罪を主張した弁護団の呼びかけに集まった署名は介護現場などから40万筆を超えたという。判決が出る前の最終弁論公判で、弁護側は今回の件が刑事事件化されたことで「介護の萎縮」という影響を生み、その状況は「介護を求める高齢者の利益に反する」と指摘した。また、山口被告の「看護師としての生き様と誇りを失わせ、打ちのめ」しているとも訴えた。

 地裁松本支部の野沢晃一裁判長はこうした主張に対し、一定の配慮を示した。判決で有罪と認定する一方で、「(「あずみの里」で)間食(おやつ)の配膳業務は主に介護士が担当しており、被告はその手伝いに入ったもので、配膳の際に介護士から注意も受けていなかった。配膳すべき間食の形態を容易に確認できる職場の体制となっておらず、全ての責任が被告にあるとも言い難い」として「非難の程度は必ずしも大きくない」と表現した。有罪判決はやむを得ないまでも、山口被告には同情できるとする内容だ。

 食堂に集まった17人の高齢入所者におやつを配り、介助しながら全体に目を行き渡らせなければならなかった中で起きた今回の「事件」。果たして、山口被告を「有罪確定者」=「犯罪者」にしてしまっていいのか。亡くなった女性のご冥福を心より祈りつつも、社会全体で考えるべきテーマだと訴えたい。

(平野 太鳳)

©iStock.com