北朝鮮の崔善姫(チェ・ソニ)第1外務次官は20日、金正恩委員長トランプ大統領が意欲を示している3回目の首脳会談開催を巡り、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が「生意気なことを言った」として強く非難した。朝鮮中央通信の質問に答えた。

崔善姫氏は「ボルトンは17日、ブルームバーグ通信との記者会見で、北朝鮮が第3回首脳会談に先立って核兵器を放棄するための戦略的決定をしたという真の表しがあるべきだの、トランプ大統領が言った『大きな取り引き(ビッグディール)』に対して論議する準備ができているべきだの、などと生意気なことを言った」と指摘。

続けて「今後も引き続きそのように事理分別なく言うならば、あなたたちによいことはない」とけん制した。

デイリーNKジャパン