プロ野球阪神タイガース福留孝介選手(41)が、登場テーマソングを音楽グループAAA」の楽曲から変更した。

グループリーダー・浦田直也容疑者(36)が女性への暴行容疑で逮捕されたことを受けての対応とみられる。

逮捕報道の翌日に変更

福留選手は今季、打席登場時のテーマソングAAAの「DEJAVU」を使用。甲子園で行われた2019年4月20日昼の巨人戦でも、球場には同曲のサビ部分が流れていた。

しかし、20日夕の浦田容疑者の逮捕報道の後、21日13時現在、球団公式サイトの「選手テーマソングページから、AAAの名前は消え、福留選手の欄では、昨季まで使用していた米ロックバンドImagine Dragons」の楽曲名が紹介されていた。理由などは書かれていない。

こうした楽曲変更について、ツイッターでは、

「せっかく耳馴染んできたのにもったいないな」
「福留さんの登場曲変わっちゃった...」
「福留登場曲変えたんか!まあ流石にこのままは...」

といった反応が出ている。

なお、福留選手がAAAの楽曲をテーマソングにしていたことについては、浦田容疑者本人も言及していた。2019年3月29日ツイッターで、福留選手とのツーショットアップしながら、

阪神タイガース、福留さんが登場曲でAAADEJAVUを使ってくれています ありがとうございます 福留さんはいつ会ってもマジいいお兄さんです」

と呟いていた。

福留選手とのツーショットもアップしていた(浦田容疑者の3月30日のツイートより)