米ゲームメーカーWayForwardは、アークシステムワークスコラボして「くにおくんシリーズの新作を開発することを発表。タイトルは「River City Girls」で、これまでとは違い女性主人公となるもようです。

【画像:2018年に発売された「くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション」】

 くにおくんシリーズは、テクノスジャパンが開発していたゲームタイトルで、北米では「River City Ransom」というタイトルで知られています。同社の倒産後はアークシステムワークスが権利を引き継いでおり、2018年12月にはNintendo Switchプレイステーション 4、Xbox OneSteamの4プラットフォームでファミコン時代のタイトルをまとめた「くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション」が発売され話題になりました。

 アークシステムワークスの金子宝巨氏は発表で、WayForwardの「女性主人公への熱意」がすごかったと語っており、アークシステムワークス公式TwitterではWayForwardが持つ新しさや“ガールパワー”に触れ、「くにおくんシリーズを一緒に作ることに興奮しているとツイートしています。なお「River City Girls」の詳細は今後発表される予定です。

 WayForwardは、横スクロールアクションインディーゲームShantaeシャンティ)」で知られるゲームメーカーで、同作はジーニーを母に持つかわいい女の子シャンティ主人公2018年にはシリーズ4作目となる「シャンティハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメットエディション」の日本版がNintendo Switchプレイステーション 4で発売されました。

アークシステムワークスとWayForwardのコラボにより実現