4月28日(日)東京競馬場で行われる、天皇賞・春(G1・4歳上オープン・芝3200m)の登録馬は下記の通り。

またしてもルメールが勝利を持っていくのか。1番人気が予想されるルメール騎乗予定のフィエールマンが中心。AJCCを叩いて状態アップは必死。唯一の欠点はこのレースディープインパクト産駒が未勝利という所は気になるが果たして…

そして2着続きの惜敗が続くエタリオウが勝ち負けの圏内で競馬はしているだろうが、最後の一押しや如何に。乗り方が難しいタイプだけに今回はどのような競馬を見せるのか注目。

前走日経賞で逃げ切りを見せたメイショウテッコンの逃げは要注意。天気次第では楽々押し切る場面も。鞍上が乗り替わるが先行力の高さは侮れない。

ダイヤモンドステークスで重賞初制覇を飾ったユーキャンスマイル、日経新春杯を勝ったグローリーヴェイズなど、力の拮抗したメンバーが揃った。

【フローラS】武藤「内をこじ開けられてしまいました」レース後 ジョッキーコメント

ディープインパクト産駒、春天未勝利

ヴォージュ 58.0
エタリオウ 58.0
カフジプリンス 58.0
クリンチャー 58.0
グローリーヴェイズ 58.0
ケントオー 58.0
チェスナットコート 58.0
フォーマプロミス 58.0
フィエールマン 58.0
プリンスオブペスカ 58.0
メイショウテッコン 58.0
ユーキャンスマイル 58.0
リッジマン 58.0
ロードヴァンドール 58.0

フィエールマン(2019AJCC)