泡沫候補から一気に「ビッグスリー」へ

 「37歳 同性愛市長が出馬表明、支持率急上昇で注目」

JBpressですべての写真や図表を見る

 こんなニュースが全米を駆け巡っている。名前は「Pete Buttigieg」(BOO-tih-jej)。

 「何て読むの?」「このへんてこりんな名前?」「いったい、何者か?」

 37歳はドナルド・トランプ大統領の長女、イバンカ・クシュナ大統領補佐官と同い年。娘婿のジャレッド・クシュナ大統領上級顧問より1歳若い。

 トランプ大統領の「懐刀」、マイケルミラー大統領上級顧問兼首席スピーチライター(33)より4歳年上だ。

 ミレニアム世代などまだまだだと、ベイビーブーマー世代が小ばかにしているうちにミレニアム世代は着実に権力の中枢に入り込み、権力者の座を狙うところまで来ているのだ。

 「どうして、同性愛者が市長になれたのか?」「地方都市の市長がどうして大統領を狙うの?」

 「世論調査の支持率が急上昇しているのはなぜか?」「民主党予備選ではどこまでやれるんだろう?」

 中西部インディアナ州サウスベンド市*1の市長、ピート・ブティジェッジ氏が4月15日大統領民主党予備選に正式立候補した後、全米がざわめいた。

*1=インディアナ州北部の人口10万人の小都市(人口規模では静岡県三島市や岐阜県多治見市と同じ)。隣接市にはカトリック系の名門校、ノートルダム大学がある。人口の60.5%が白人、26.6%が黒人、ヒスパニック系13%。1968年以降、市長は民主党が独占、市議会も民主党が過半数を占めている。自動車メーカーのスチュードベイカー工場があったが、63年に閉鎖され、活気を失った。その後、ハニーウェル・エアロスペースやボッシュなどの部品工場が進出している。

 民主党大統領候補指名を争う候補はまだ正式に立候補表明していない人を含め4月17日現在17人。まだ増えそうだ。

世論調査の支持率トップジョー・バイデン前副大統領はまだ立候補していない)

 そうした中で2月の時点では1%前後だったブティジェッジ氏の支持率が急上昇。

 ハイデン氏、バーニー・サンダース上院議員のトップ争いに続く第2陣、ベト・オルーク下院議員、カマラ・ハリス上院議員、エリザベス・ウォーレン上院議員に肉薄する勢いなのだ。

 予備選のスタートを切るアイオワ州(党員集会)やニューハンプシャー州ではバイデン、サンダース両氏と並ぶ「ビッグスリー」入りしている。

 軍資金(政治資金)は今年第1四半期だけで710万ドルを集めている。

 立候補者中トップサンダース上院議員の2000万7000ドル、ウォーレン氏は1605万ドルで、これには及ばないが、中央政界では無名の候補者としては異例の集金力だ。

https://www.realclearpolitics.com/epolls/2020/president/us/2020_democratic_presidential_nomination-6730.html#polls

名物キャスターも脱帽する発信力と頭脳回転力

 まず、この動画を見ていただきたい。

 ブティジェッジ氏に注目するテレビ各局は先を争って同氏との単独インタビューを行っている。そのうちの一つだ。

https://www.youtube.com/watch?v=4Re5OyMdtQE

 相手はMSNBCのベテランジャーナリストローレンス・オドンネル氏。同氏の矢継ぎ早な質問にブティジェッジ氏はメモ一つ見ることなく、立て板に水のような回答。

 内政、外交、経済、何でもござれだ。

 同性愛者だという先入観から頭から嫌う人もいるだろう。だが、オドンネル氏の鋭い質問に対する受け答えを聞いているうちにそうした先入観は消えていくはずだ。

 端正な顔つき。トレードマークは白いワイシャツネクタイ。袖を二の腕のところまでたくし上げている(保守系フォックスニュースとのインタビューの時だけジャケットを着ていた)。

 目が煌めいている。頭の良い証拠だろう。

 インタビューアは冒頭、みな名前を「ブティジェッジ」と紹介して、「こう発音していいんでしたっけ」と聞く。

 英語圏では聞きなれない名前は、父親が地中海の小国マルタ出身だからだ。

 幼い頃から「神童」と言われた。フランス語ドイツ語スウェーデン語など8か国語を操る。ハーバード大学では歴史学と文学を専攻している。

 生まれも育ちもサウスベンド。地元高校を卒業するとハーバード大学へ。ハーバード大学の卒論は『ピューリタニズムは米外交にいかなる影響を与えたか』だった。

 在学中に米海軍に志願入隊し、予備役としてアフガニスタン戦争に情報将校として従軍している*2

 その後ローズ奨学生としてオックスフォード大学(ペムブローク・カレッジ)に留学、帰国後マネージメント戦略コンサルタントとしてマッキンゼーで働いている。

*2=米国では従軍するということは「英雄」になる重要な要素だ。直近の歴代大統領で従軍したのはジョージブッシュ第43代大統領(父)が最後だ。トランプ大統領などは兵役逃れしている。

 元々、政治に強い関心を持っていた。

 28歳の時にインディアナ州財務長官選に出馬するが落選。29歳の時にサウスベンド市長選に立候補し、見事当選。現在2期目だ。2017年には民主党全国委員長ポストを狙ったが対抗馬に敗れている。

ベイビーブーマーの3大統領を上回る知力と発言力

 このインタビューを聞いた筆者の知人2人はこうコメントしている。

 まず無党派層の中年白人男性(シカゴ在住)はこう語る。

 「ここ2年、あの語彙不足で乱暴なトランプ大統領の発言に慣れっこになっていた私にとっては、久々に聞くブティジェッジ氏の知的な英語と回転の速い受け答えには驚いた」

 「オバマ氏を除く直近の3人の大統領(クリントン、ブッシュトランプ)は1947年生まれの72歳。いわゆるベイビーブーマー世代だ。ブティジェッジ氏はミレニアム世代。ミレニアム世代政治家の方が頭が良いことの証明かね(笑)

 次にバラク・オバマ大統領の熱狂的支持者だった女性ジャーナリストロサンゼルス在住)はこう感想を述べる。

 「MSNBCを見た後、ブティジェッジのことが気になりだしたわ。彼のインタビューを手あたり次第に見てしまった。View、Ellen Show、Bill Mayer、Stephen Colbert*3 CNNフォックスニュースまで2時間ぶっ通しで(ユーチューブで)見たわ」

*3=テレビ各局の最も視聴率の高いインタビュー番組。日本で言えばNHKの夜7時や9時のニューステレビ朝日報道ステーションに相当する。

 「フォックスニュースインタビューを見た保守層の視聴者からも好意的なコメントが出てるなんて、驚きだわ」

 「何人かは、彼はモデレートで頭脳明晰かつ正直。しかも軍歴もある。こういう人物が米国をまとめられそうだと言っていた」

 「民主党候補は17人もいて迷っていたけど、私は彼に1票入れるわ」

 ブティジェッジ氏の地元新聞の編集者はちょっと誇らしげに筆者にこうコメントしている。

 「わが町の市長に全米は驚いているね」

 「保守派もリベラル派も同性愛嫌いもエバンジェリカルズ(キリスト教原理主義者)も南部人も東部人も頭脳明晰なブティジェッジ氏の発言に舌を巻いている」

 「わが市長は、話術だけで今や有名人になってしまった。スタートオバマ氏と同じだね」

「同性愛者は非生産的」でも「違憲」でもない

 いったい37歳の同性愛市長が、なぜ2020年大統領選に立候補したのか。それよりも何よりも、米国では同性愛者でも市長になれるのか。

 折しも日本では、同性同士の結婚を認めないのは憲法違反だ、と同性カップルが国に賠償を求める裁判が4月15日東京地方裁判所で始まった。

 政治家の中には「同性愛者は非生産的だ」といった意見を堂々と唱える人さえいる。

 同性愛者の政治活動にも詳しいは米シンクタンクの上級研究員は筆者にこう解説する。

 「ここ10年、米国民の同性愛者=LGBT同性愛、性向同一性障害などの性的指向や性自認などの性的少数者)に対する態度は急速に変化してきている」

 「特に結婚とか、軍隊などでは顕著だ。州や市町村によってもまだ濃淡があるが以前に比べると公的偏見や差別は和らいできた」

 「その傾向は無論年代差がある。同性愛者を全面的に認知するミレニアム世代やX世代とベイビーブーマー世代以前の世代とは格差がある」

 「地域差もある。寛大な東部、西部に比べ、南部、特にディープサウス(深南部)とでは大違いだ。また宗教、宗派でも濃淡がある」

 「ブティジェッジ氏が市長を務めているサウスベンドは保守的なインディアナ州でも例外的に同性愛社会問題になっていない小都市だ」

 「近隣にはノートルダム大学などカトリック系大学が3つある学園都市だ。学園都市は概してリベラルだ。同性愛者を受け入れる環境が出来上がっている」

 「同性愛市長だけではない。全米50州には同性愛者だと公言して公職に就いている人は多い。46州では連邦議会議員にもなっている」

 「バイセクシャル知事も1人いたし、同性愛知事も一人いる。今のところ、正副大統領最高裁判事に同性愛だと公言した人はいないが、ブティジェッジ氏が最初の同性愛大統領候補になった」

「同性愛者が悪いかどうかは創造主に聞け」

 「こうした背景には同性愛主義者だろうとなかろうと、職場で実力を発揮する人物ならその人の私生活がどうであろうと問題視しないという米国人気質が従来からの宗教的な規律を跳ね除けてきたのだと思う」

 「誰と同棲しようとしまいと、自分の生活に悪影響を与えないのであれば関係ないという米国人が増えてきた。むろん、聖書に書かれていることを一字一句信ずるエバンジェリカルズは同性愛など一切受け入れない」

 ブティジェッジ氏が同性愛者だと公言したのは2015年市長選の最中だった。同棲している男性との関係を反対派から問題視されることを懸念し、自らカミングアウトしたのだ。

 当時インディア州知事だったのはマイケル・ペンス現副大統領(59)だった。敬虔なエバンジェリカルズ系カトリック教徒だ(エバンジェリカルズは大半がプロテスタントだがカトリック教徒の中にもいる)。

 ペンス氏がブティジェッジ氏が同性愛者であることを激しく批判した。これに対してブティジェッジ氏はこう反論した。

 「私が同性愛者であることをペンス氏が批判し、言い争いをするのは、私の問題ではなく、彼の問題だ。言い争うのであれば(私を同性愛者として創りたもうた)創造主とやってほしい」

 ブティジェッジ氏は自らを敬虔なクリスチャン(エピスコパル=聖公会)であるとも公言している(聖公会は同性愛者が聖職者になることを認めている)。

「国家安全保障は国境の壁などでは守れない」

 37歳のブティジェッジ氏がなぜ2020年大統領選に出馬したのか。またよって立つ政治理念、政策は何か。

 4月3日ボストンにある名門校ノースイースタン大学での対話集会で詳細に語っている。司会者との質疑の後は会場に集まった数百人のうち手を挙げた10人近くの参加者と一問一答

 どんな質問にも真正面から直球を投げ返した。最後には参加者がスタンディングオベーションでブティジェッジ氏を見送った。

 その時の動画がこれである。

https://www.youtube.com/watch?v=g_J0i79uKBY

 質疑応答でブティジェッジ氏はなぜ、いま大統領を目指すのかについてこう述べている。

 「私は今37歳だ。2057年には今の大統領と同じ年になる。それまでに成し遂げねばならないことが山積みだ。それまで手をこまぬいている余裕はない」

 「最優先課題は貧富の格差を招いている税負担の問題、地球温暖化、教育、民主主義がある」

 「地球温暖化は昨日解決の道筋を立てるべき課題だった。地球温暖化などあるとかないとか言っている話ではない。私の市では大洪水という地球温暖化に直結する惨事が起きている」

 「教育は、高等教育を受けるためのカネの問題だ。教育水準が米国民の生活水準を決める要素になっている以上、国民の教育費、授業料負担についてを国がどうカネを出すのかを変革することは直近の問題だ」

公立大学授業料・ローンについては卒業後公的に働くなどの条件を付けることを提案している)

 「民主主義は今危機に直面している。いい例が大統領が一般有権者数ではなく、選挙人制度によって決まっていること。最高裁が完全に党派化しまっていることだ」

(選挙人制度廃止、最高裁判事枠の拡大などを提唱)

 「国家安全保障問題はただ単に外敵から国を守るために国境に『壁』を張り巡らすだけでは解決しない。サイバー攻撃からどう国を守るのか」

 通商問題にしてもグローバル化に逆行するような政策をとるべきではない。グローバル化は避けて通れない。そうした流れの中で他国といかにフェアな協定を結び、国益を守るか、得た利益をどうやってサウスベンドのような小都市に住む人たちにも配分していくのか」

 「米国は偉大な国家だ。だが過去の偉大さに戻るわけにはいかない。新たな偉大さを求めて前進するしかない」

党派色むきだしオルークvs.超党派懐柔ブティジェッジ

 保守派や共和党支持者がブティジェッジ氏を真っ向から批判していないのは、トランプ大統領を名指しで一切批判しないこと(言ってみれば、完全に無視しているかもしれないが)、対決の度合いを深める議会での民主、共和両党にも直接触れないことにありそうだ。

 その点は同じく若手大統領候補として注目されているテキサス州のベド・オルーク下院議員(46)とは対照的だ。オルーク氏は徹底してトランプ氏と共和党を激しく批判しているからだ。

 トランプ大統領の選挙ブレーンたちは、オルーク氏を一番恐れていると言うが、トランプ氏を狙う「矢」は意外な方角から放たれるかもしれない。

 オルーク氏は民主党の地盤を守りながら共和党との対決を激化させようとしている。

 これに対し、ブティジェッジ氏は予備選段階から党派の壁を取っ払って戦域を広げようとしている。

 1960年には共和党支持者の中からもジョン・F・ケネディ第35代大統領に票を投じた人がいたし、1980年には一部の民主党支持者はロナルド・レーガン第40代大統領に投票した。

参考=http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/55945

 米大統領選はまだ序盤も序盤。まだまだ何が起こるか分からない。

 それでもこれまで40年以上、大統領選をはじめ上下両院、州知事選まで取材してきた米主要紙のベテラン政治記者は現状を筆者にこう解説する。

 「今米国では何かが起こり始めている。そうした兆候は過去にもあった。直近ではトランプ現象がそうだったし、2008年にはオバマ旋風があった」

 「ブティジェッジ氏はいみじくもこう言っている。『僕は大統領選挙に勝つために立候補したのではない。時代(Era)に勝つために立ち上がったのだ』」

 「同氏が民主党大統領候補に指名されるのかどうか。トランプ氏との一騎打ちで勝つのか。それを論じる前にミレニアム世代がいよいよ大統領を目指す過程で今米国では何かが起こり始めている。そのことに注目すべきだろう」

 確かに米有権者は新しがり屋だ。ワシントンに何十年と住みついているプロの政治屋を嫌っている。だから新鮮な「神童市長」をもてはやしているのだろう。麻疹のようなものかもしれない。

 エバンジェリカルズをはじめ南部や中西部に住む中高年層が同性愛者の大統領候補をすんなり受け入れるかどうか。

 ブティジェッジ氏自身、本当は大統領などは狙っていないかもしれない。大統領選立候補は州知事や上下両院議員になるための踏み台程度に考えているのかもしれない。

 それは百も承知で、エキサイティングな役者の登場に米国は早くも沸き立っている。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  これぞ交渉人、辣腕マハティール首相に中国脱帽

[関連記事]

挙国一致で中国と対決、何が米国を本気にさせたのか?

イバンカの野望:ケネディ家凌ぐトランプ王朝の樹立