(篠原 信:農業研究者)

JBpressですべての写真や図表を見る

 職場でキャリア教育なるものがあった。「働くからには、人の上に立つことを目指せ!」というお話。裏を返せば、管理職になるのを希望しない人が増えていて、人選に困っている状況があるのでは、と感じたものだった。

 キャリアインデックス2017年5月に実施した「有職者に向けた仕事に関する調査」によると、管理職になりたくない人は、20代男性で51.9%、30代男性で48.7%と約半数が、女性だと、20代で83.1%、30代で84.2%と、8割を超える結果を示しているという。

 ずいぶん世相が変わったものだ。俳優の植木等氏がチャランポランなサラリーマンを演じていた時代には、「俺もいつかは社長に」と、勤め人なら誰もが願っていたという。社長になればお金も権力もある。部下に威張って命令することもできる。一国一城の主。ある種、王様気分。何でも思うがまま。重責もあるかもしれないが、それに報いるのに余りある自由と金が手に入るのが社長なんだろうから、自分もそうなりたいと願っていたようだ。

 実際、一昔前までは、どのくらいの規模の企業に勤めていて、どのポストにいるかどうかで、その人物の軽重を計るのは、当然のことだった。「あの人は部長だけれど、小さな会社」「あの人は大企業だけれど、係長どまり」などといって、その人の軽重を云々する大人の話を、私も子どもながらに耳にしたものだ。

 しかし、いまは社会的地位を鼻にかけるのは、嫌われるというよりも不思議がられる。「いやそれ、私とあなたとの間で、何か関係がありますか?」と、首を傾げられる恐れがある。一応、すごいですねえ、と口では言ってもらえるかもしれないけれど、昔ほどには、社会的地位の高さで人をひれ伏せさせる力はない。

 これは、管理職を希望する人が減っていることと、おそらく関係がある現象だ。社会的地位の高さを評価する人は、もちろん現代でもたくさんいる。ただ、その色彩は明らかに薄まっている。何かが変化したのだ。いったい何が起きたのだろう?

「会社の外」の人的ネットワーク

 筆者が感じる、変化の契機は、2つある。阪神大震災と、インターネットの登場だ。

 阪神大震災が起きる前、社会人となって人間関係を構築できるのは、勤め人の場合、会社関係にほぼ限定されていた。会社の中での地位が、そのまま取引先の人間関係とも連動していた。会社の中での地位が低いと、人付き合いは限定される。他方、社長ともなれば、全社員を支配する形での人間関係を構築できる。

 たくさんの国に行き来する飛行機が集まる空港のことを、「ハブ空港」と呼ぶ。自転車の車輪で、スポークという棒がたくさん刺さっている車軸のことをハブといい、それに見立てての表現だ。これと同じで、震災前の社会人は、社会的地位が高ければ高い人ほど、人とのつながりが増える「ハブ」となるが、社会的地位が高くないと、人付き合いもそれほどでなくなる。

 人間は、どれだけの人とつながっているかということが、自分の存在価値を確認するバロメーターになっている面がある。人的ネットワークの「ハブ」であること、結節点であることが、自分の存在価値を高めてくれているような気がするのだろう。

 震災前は、管理職や社長になったりしない限り、人的ネットワークの結節点になり得なかった。だから、あの時代の人たちは「自分も人的ネットワークの結節点になりたい、それで自分の存在価値を確かめたい」と願い、出世を望んでいたのかもしれない。

 ところが阪神大震災で義援者(ボランティア)として赴いた人たちは、それまでにない経験をした。社会的地位なんか関係ない。被災者のためにどれだけのことができるかだけが大事。私が義援者として通った避難所でも、全国大学模試で2番の超成績優秀な大学生と、暴走族の親分たちを束ねる親分が一緒に活動していた。震災前には出会うこともなかった人たちが、一堂に会し、ただただ、被災者のために何ができるのかを必死になって考えた。

 このとき知り合った連中は、24年を経過した今でも、会うと一瞬でそのときの気分に戻れる。「こいつは文句なしに信頼できる」という状態に戻れるのだ。

 阪神大震災では、震災直後の1年間だけで138万人のボランティアが活動したという。それだけの人たちが大なり小なり、私たちと同じ経験をした。社会的地位など関係なしに、ただ被災者、被災地のために何ができるか、ということを一緒に考える日々を共有した。会社という枠組みの外に、人的ネットワークを構築できるということを「発見」した出来事だった。

「濡れ落ち葉」からの脱却

 もうひとつ、大きな変化だったのが、インターネットの登場だ。私が初めてインターネットを知ったのは、阪神大震災が起きたばかりの神戸大学だった。インターネットは、あれだけの被害の大きい状況でも比較的堅牢な情報提供が可能だったということで、震災後、爆発的に普及した。

 インターネットの登場で大きかったのは、会社以外の場所で人的ネットワークを形成する機会を提供したことだ。いうまでもなく、ミクシィフェイスブックなどのSNSで、会社の中に閉じこもっていては決して交流できなかったであろう人たちと、いくらでもつながれるようになった。私自身を振り返っても、農業研究者でしかない私が、人工知能の研究者や、児童福祉の人、会社の社長、職人、学生、主婦など、さまざまな人と交流している。人的ネットワークの結節点に自分がなるのに、もう会社の中である必要はなくなっている。

 こうして考えていくと、女性が今の時代になってもなお、出世を希望しない人が多い理由が分かる気がする。女性はもともと、会社の外に人的ネットワークを築くのがうまい人が多い。フラワーアレンジメントの教室に通ったり、エアロビクス(古い?)の教室に通ったり。子どもがいる場合は、PTAだったり、地域の見守り隊だったり、子ども会の世話役だったり。会社の外に人とのつながりを作る傾向が、男性よりもずっと強い。

 他方、男性は、会社の外に人的ネットワークを形成することが下手なことが多い。象徴的なのが、阪神大震災前の1989年流行語大賞となった「濡れ落ち葉」。会社人間だった夫が、定年退職すると人とのつながりを一切失ってしまい、奥さんに濡れ落ち葉のようにベッタリとくっついて離れなくなる、という現象を評した言葉だ。

 それまでは、会社で働くということに一定の敬意があり、退社後も立ててもらえていた。しかし女性の社会進出が進むにつれ、「会社勤めというのは辛いものなのだよ」という男性側の泣き言が、意外とつまらない悩みなのではないかと女性からみなされるようになり、だんだん男性が立ててもらえなくなってきたことが関係しているだろう。

 そうした事実が、流行語大賞をきっかけとして知られる中で、若い人たちは、「会社の外」の生き方を探し始めていた。会社の外に人的ネットワークを形成しておかなければ、自分も「濡れ落ち葉」になってしまう。そんなときに阪神大震災が起き、インターネットが登場した。そのおかげで、会社の外に人的ネットワークを形成する方法を、多くの人が見出すようになった。

 人間はどうやら、人とのつながりを求める生き物であるらしい。これがあまりに欠落してしまうと、不安になる。精神的にかなり不安定になる。人とのつながりが確保できていると、精神的に大きく安定する。人間は、人的ネットワークの結節点でありたい、と願う生き物だと捉えたら、冒頭の、管理職になりたがる若者・中堅が減っているという現象も、理解できるのではないか。

 いまや、会社の外で人的ネットワークを形成できる時代だ。無理に会社の中で出世し、管理職にならなくても、人とつながることができる。むしろ管理職になると、忙しすぎて人的ネットワークが会社内に限定され、退社後に大変なことになるかも、という不安を与えている恐れがある。「人とつながりたい」という充足が、会社の外で得られる時代であるために、管理職になりたいと思わなくなったのではないか。

「偉い人」から「エライ人」へ

 この変化は、会社の中でのマネジメントにも大きく影響するだろう。昔のように、出世するしか人的ネットワークを広げることができなかった時代なら、部下はみんな鼻息荒く、出世を希望したことだろう。そんな時代には、上司が少々傍若無人でも、部下の方がグッとこらえてくれたことだろう。部下が上司に気遣い、上司はワガママでいることができた。

 ところが現代は違う。別に無理して出世したいと思わない。もっといえば、今の会社に居続ける理由もない。だって、外に世界に人的ネットワークを築けるから。そうなると、上司は身勝手なことができない。いかに部下に楽しく仕事をしてもらえるかを考えなければならない。テレビニュースを見ていると、「昔は部下が上司を気遣っていたけど、今は逆だもんな」と、中堅どころのサラリーマンの方が嘆いていたりする。そうなれば、会社でのマネジメントは大きく変化せざるを得ないだろう。

 こうなると、社長は必ずしも憧れの対象とはいえない。むしろ重責ばかりで、大変な仕事だという認識に変わる。憧れの対象から、うっかりすると、憐れみの対象へ。よくて、「エライこと頑張ってはりますわなあ」という、関西弁的な表現となる。すなわち、「そんな大変面倒なお仕事を、よくお引き受けなさって、エライですね」ということになる。

 社長は「偉い人」から、「エライ人」へ。エライという言葉には、「偉い」という意味もあるが、「つらい、大変」という意味もある。憧れが薄まった分、後者の意味が強まっているといえるだろう。

 会社の外に人的ネットワークを形成できる時代での、管理職への登用は、やり方を大きく変える必要があるのではないか。これまでは、「管理職にあこがれる人間はいくらでもいる」という前提で人選が行われていただろうが、これからはその考え方では厳しい。考え方を変える必要があるのかもしれない。

 私からの提案は、「管理職という、面倒だけれどみんなのために働く立場になってもらえないだろうか」という、「お願い」として捉えなおすことだ。事実、管理職はいまや、「権力を振るえる立場」というよりは、部下たちの利害を調整し、働く意欲を維持するというマネジメントの側面を強めている。「お世話をする立場」なのだ。

 それはみんな分かっているはずなのに、「みんな管理職になったら好きなことができるぞ」という旧時代の幻想をまだ引きずっているので、話しがややこしくなる。

 管理職は「偉い」というよりも、「エライ」仕事。だから、「お願い」する。この面倒でエライ立場を、引き受けてもらえないだろうか、と。

「管理職」というより「調整職」

 そうした視点で捉えなおすと、これからの管理職は、女性の方が向いているように思われてならない。男性よりも人間関係に敏感で、良好な関係を維持することに熱心な人が多い。また、育児を経験した人は、言うことを一切聞こうとしない、文字通り「頑是無い子ども」を、どうにかこうにか育ててきた経験と実績がある。このテクニックを部下の育成に生かさない手はない。

 ただし、女性は突出することを嫌う傾向がある。出る杭は打たれるということを恐れる人が多い。だから、管理職になることを「偉くなること」と捉えると、偉そうにしているように思われるのでは? 人的ネットワークをむしろ失うのでは? ということを恐れてしまう。だから、女性は管理職になることを、男性以上に忌避するのだろう。

 だから、管理職を「偉い」と捉えるのではなく、「エライ」と捉える企業文化に変えてはどうだろう。「あなたは人の気持ちが分かる人。慰めたり励ましたりするのも上手。どうかあなたに、この面倒なエライ仕事を引き受けてほしい」という形で、「お願い」するようにしてはいかがだろう。

「偉い」わけではなく「エライ」。そうしたコンセンサスを会社で共有すると、上司と部下を上下関係と捉えるのではなく、スタッフみんなの調整役、マネジャーとして捉えることができるだろう。多くの女性が恐れる、突出した立場ではなく、フラットな関係で、みんなが働きやすいように調整をする人。これなら、管理職を責任感から引き受けてもよい、と思う人が増えるのでは。

 だとすると、「管理職」という名前を改めたほうがよいのかもしれない。「調整職」とでも呼んだほうがよいだろうか。責任はあるが突出した存在ではなく、みんなのために調整を引き受けてくれる人。「エライ」仕事を引き受けている人。そう捉えると、女性は必ずしも就任を避けないだろうし、男性以上に向いている人が多いだろう。

 そして社長とは、最も責任のある「調整職」。「偉い」と勘違いするのではなく、「エライ」仕事を引き受けてくれている人、と捉えてはどうだろう。実際、優れた経営者は、偉そうにすることはまずなく、自分に与えられている責任の重さを感じ、謙虚な人が多い。「管理職」というより「調整職」であると考えているからだろう。

 社長は「偉い」のではなく「エライ」仕事を引き受けてくれている人。そういう文化が社会に根付いたとしたら、社長の評価というのは大きく変わるだろう。植木等氏の時代には「暴君になっても許される唯一の自由人」という評価だったのが、「あの人はエライ大変な仕事を引き受けた、本当に偉い人」というように。私には、前者に偉さをちっとも感じないが、後者は本当に偉いと思う。そういう時代が到来し始めたのかもしれない。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  自分で考えない部下は「考えすぎる上司」が作る

[関連記事]

「就職氷河期」の僕らが、20年前に読みたかった本

「感覚重視、全員で面接」採用で事業が成長する理由

社長になることの価値は、時代でどのように変化したのか。