●「smart fortwo BRABUS sports」用パワーレインを搭載した限定車

2019年4月19日メルセデス・ベンツのサブブランドである「smart(スマート)」に、特別仕様車の「smart fortwo BlackSilver edition」が設定されました。

詳細画像はこちら
スマートは、シティユースに向く小さなのボディに、最大限の利便性、快適性、安全性、環境適合性を凝縮したマイクロコンパクトカーとして1998年に誕生し、全世界累計販売台数220万台以上を記録、日本でも累計販売台数は4万台以上に達するそう。なお、スマートは、次期モデルからEV専用のブランドになる予定です。

今回発売された特別仕様車は、最高出力66kw(90PS)、最大トルク135Nmを発生する0.9Lターボの「smart fortwo BRABUS sports」用パワーレインを搭載し、「smart fortwo BlackSilver edition」(全国限定50台)には、ブラックシルバーマットを基調とした専用装備を用意。

詳細画像はこちら

外観は「BlackSilver edition」の専用アルミホイールフロントスポイラーおよびサイドスカート、ドアミラー、リヤディフューザーが装備され、ブラックボディにシルバーマットをアクセントとして取り入れることで、シックでスポーティなムードに仕立てられています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

内装は、ブラックのファブリックシート、「BlackSilver edition」専用のインテリアトリムとステアリング、トップパフォーマンスモデルであるBRABUSのパドルシフトとBRABUSロゴ入りベロアマットを採用。さらに、フルカスタムオーダープログラムtailor made」専用装備であるシフトノブ、パーキングブレーキハンドルスポーツペダルなどにより、内外装の世界観が統一されています。「smart fortwo BlackSilver edition」の価格は2,990,000円です。

(塚田勝弘)

次期型からEV専用ブランドになる「smart」に、ガソリン車最後の特別仕様車が登場【新車】(http://clicccar.com/2019/04/22/748935/)