英王室のエリザベス女王が現地時間21日に93歳の誕生日を迎えた。イースターサンデー礼拝に出席するため、ウィンザー城内の聖ジョージ・チャペルを訪れたエリザベス女王は、ウィリアム王子やヘンリー王子ら孫たちと共に過ごしたが、そこにメーガン妃の姿はなかった。

エリザベス女王には、毎年祝賀式典を行い国民と共に盛大にお祝いする“公式の誕生日”と実際に生まれた日である“真の誕生日”の2つがある。前者は6月第2土曜日と定められているが、生を受けたのは1926年4月21日で、女王はこのたび93歳の誕生日を迎えた。

今年の誕生日はちょうどイースターサンデー当日であったため、エリザベス女王ウィンザー城内の聖ジョージ・チャペルで行われた特別礼拝に出席。淡いブルードレスに帽子を合わせ、春らしい装いで注目を集めた。ウィリアム王子とキャサリン妃もブルースーツやコートドレスに身を包み、夫妻揃ってチャペルに到着した。エリザベス女王の夫フィリップ王配や、現在カミラ夫人とスコットランドに滞在中のチャールズ皇太子、そしてまもなく出産を控えたメーガン妃の姿はなく、この日ヘンリー王子は単独で礼拝に参列していた。

エリザベス女王が聖ジョージ・チャペルを後にし車に乗り込む際には、ロイヤルファミリーを一目見ようと集まった観衆が即席でバースデーソングを斉唱、人々の嬉しい計らいに思わず笑顔を見せ、手を振る女王の姿も目撃されている。

この日はロイヤルメンバーも、それぞれの公式SNSにて動画や写真を公開し祝福の言葉を綴っている。ウィリアム王子とキャサリン妃夫妻の公式Twitterであるケンジントン宮殿のアカウントには、ウィリアム王子とエリザベス女王のツーショットや、幼いジョージ王子と女王が見つめ合う微笑ましい写真など4枚がアップされ、「女王陛下が幸せな93回目のお誕生日を過ごされますことをお祈りいたします!」と記している。

ロイヤルファミリー公式SNSには1分間に及ぶ動画が公開されており、女王が誕生した1926年から先月キャサリン妃と訪れた「King’s College」での様子まで、年代ごとにこれまでの女王の美しい姿が収められている。フィリップ王配とのウェディング写真や完璧なロイヤルウェーブを披露するモノクロ写真、またチャールズ皇太子ら4人の子供達との家族写真など英国女王として、また妻や母として美しく年齢を重ねてきたことがうかがえる貴重な写真が王室ファンを喜ばせており、Instagramには現在39万件を超える「いいね!」が集まっている。

ヘンリー王子とメーガン妃夫妻は今月に開設したばかりの公式Instagramアカウントで、バルーン絵文字を添え「お誕生日おめでとうございます、陛下/女王様/おばあちゃん素晴らしい一日を過ごされますことを、お祈りしています! ハリー&メーガンより」と綴っている。公開された7枚の写真の中には、若かりし頃の女王の写真や幼いヘンリー王子、メーガン妃と女王のツーショットなどがアップされており、女王を“おばあちゃん”と呼ぶ気さくなメッセージも好感を集めている。

現地時間23日には、ウィリアム王子とキャサリン妃夫妻の次男ルイ王子が1歳の誕生日を迎えるが、ヘンリー王子とメーガン妃夫妻の第1子と「誕生日が近くなりそう」ということで国民の関心が高まっているようだ。

画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年4月21日InstagramHappy Birthday Your Majesty, Ma’am, Granny.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト