アニメ制作会社マッドハウス」で制作進行として働くAさん。多い月には1カ月間の総労働時間が393時間に及び、帰宅途中に倒れ、救急車で病院に運び込まれることもあったという。

 現在、Aさんは、会社側に対して長時間労働の是正と未払い残業代の請求、パワハラの謝罪などを求めて団体交渉を申し立てている。その思いの丈を聞いた。

 

アニメ制作会社「マッドハウス」社員は月393時間働き、帰宅途中に倒れた〉と併せてお読みください。

宇宙戦艦ヤマト』でアニメーターを志して

―― アニメ制作会社に入った経緯を教えてください。

 Aさん 一番のきっかけは、子どものころに『宇宙戦艦ヤマト』(1974年)を見たことでしょうか。家にレーザーディスクがありまして、幼稚園の頃から見ていました。基本SFアニメが好きなんです。

 もともと絵を描くのが得意だったこともあり、それで中学生ぐらいからアニメーターを志すようになりました。

―― なぜ「制作進行」の職種だったのでしょうか。

 Aさん 美大の授業で実際に絵を1枚1枚描いて動かしてみて、アニメーターよりも作品全体への演出に興味が出てきました。妄想が好きなので絵コンテを描く際にそれを活かせたらなぁ、と(笑)。制作進行ならば、アニメーターと違って出来高制ではなく月給制ですし、TVアニメ劇場アニメの全制作工程に関われます。そこで、制作進行を経てアニメの演出になりたい、と個人的な職業目標を立てました。

「定時」は有名無実化しています

―― マッドハウスについては、入社前と入社後ではイメージが変わりましたか。

 Aさん もともとは『時をかける少女』や『サマーウォーズ』など、私も知っている作品をいくつも手がけている大手の制作会社という印象でした。アニメ業界が激務だとは知識として知っていましたが、日本テレビ子会社ですし、会社説明会で社長や社員の方に実際に会って温和そうだったので大丈夫だろうと思っていました。ちょっと認識が甘かったですね。業界内では「マッドハウスホワイト企業」と言われているそうですが……。

―― 就業時間の定時はあるのでしょうか。

 Aさん 就業規則上は10時から19時ですけれど、実際の出退勤は各自の判断にゆだねられています。ほとんどの社員は昼過ぎに出勤してきますが、基本的には後ろが長いので「定時」は有名無実化しています。

―― タイムカードはありますか。

 Aさん ウェブブラウザで出退勤を記録するシステムがありますが、みんな「どうせ残業代は出ないから」とあまり正確につけていない。私はきちんと記録していましたが。

もう二度と演出にはなれないんじゃないか……

―― 労働組合に入って、会社側と交渉するに当たっては、さまざまな反発もありそうです。

 Aさん 2019年3月にブラック企業ユニオンに加盟するまで、色々と悩み続けました。その間、労基署、弁護士、社労士、区の相談窓口とあちこちへ相談にも行きました。同僚や先輩後輩とはもう普通に話すこともできなくなるんじゃないか、勤務中に様々な嫌がらせを受けるんじゃないか、「組合の人間」というレッテルを貼られて転職もできなくなるんじゃないか、二度と演出にはなれないんじゃないか……。何度も自問自答しました。

 そうした中、社内で「働き方改革への対応」という説明会が開かれたのです。例えば、会社から「ホール会議室をラウンジに改装します」という提案がありました。労働時間を短くするかわりに勤務中に多く休憩を取ったことにして、「実働時間」を短くしたいという意図があるようです。

 他にも「土日出社で発生する代休を買い取ります」、「有給を5日必ず取得してもらいます」といった話がありましたが、どれも「そうじゃねぇよ!」と叫びたくなるようなトンチンカンな対応ばかり。「現在のアニメの作り方と制作進行の長時間労働を抜本的に変える取り組みをしないんだな」、「未払いの残業代についても放置するのか」と落胆して、今回の団交に踏み切りました。

マッドハウスを潰すつもりか」という声もありますが、そういうつもりはまったくありません。きちんとした労働環境にしたい、という真っ当な思いだけです。

片っ端から電話をかけて原画マンに「営業」

―― なぜそこまで制作進行は激務なのでしょうか。

 Aさん アニメの制作には社内外の多くの人が関わっていますが、その全行程の調整役となるのが制作進行です。詳しくは概要を別表にまとめましたが、業務内容も多岐にわたります。

 とりわけ重要なのが、作画・撮影関係ですね。私たちは、脚本にもとづいて描かれた絵コンテができたら、知っているフリーランスの原画マンや中国、韓国の会社へ「営業」をかけます。片っ端から電話をかけて、「これできませんか」とお願いしていく作業です。1話分の300カットを10~20人に分担してもらうのです。

―― そこは固定のメンバーではないわけですね。

 Aさん 本当に自社作品くらい自社スタッフで作れないのかなって思いますよね(笑)

 ほとんどの原画マンは、その都度集める「傭兵」のようなイメージです。原画は基本的に1カット4000円から5000円程度。だから、10カット描いたとしても5万円です。同じ1カットでも描いてもらう原画の枚数はシーンによって異なります。キャラクターが首から上しか映っていなくてパクパクしゃべっているだけなら簡単ですが、5人が殴り合いのバトルをしているようなシーンだと10枚、20枚も原画を描くわけです。それでも単価は一律です。当然、みなさん他の作品と掛け持ちしています。

とにかく多い予期せぬトラブル

―― すると、大変なカットは受け手を見つけるのが難しそうですね。

 Aさん 私たちは「作画カロリー」が高い、低いと呼んでいますね。営業の際には「お好きなシーンを選んでください」と言いますので、結果的に作画カロリーが高いカットは売れ残ることが多いです。なんとか単価を上げたり、1パート当たりのカット数を少なくしたりして、誰かに描いてもらうわけですが。

 その後は、まず原画マンに下書き(ラフ)にあたるL/O(レイアウト)を描いてもらいます。これを私たちが回収して演出、監督、作監(作画監督)、総作監(総作画監督)の順でチェックしてもらいます。それぞれが「このキャラクターの向きが……」とか「表情をもうちょっと変えて……」と修正指示を出して、どんどんブラッシュアップしていく。最終的にOKが出たL/Oを原画マンに戻して、そこでようやく原画を描いてもらいます。

 原画ができあがったら、また演出、作監にチェックしてもらいます。OKが出たら、色指定、動画・仕上げ出しを経て、撮影・編集作業に入るわけですが、とにかく予期せぬトラブルが多くて当初のスケジュール通りに進行することはまずありません。

自宅に行っても居留守を使われる

―― 具体的にはどのようなトラブルでしょうか。

 Aさん 最大の難所は、原画マンからL/Oと原画を納品していただく際のやり取りですね。作業が思うように進まず後ろめたさからか電話が繋がりにくくなる、自宅に行っても返事をもらえない、なんてことは日常茶飯事です。とにかく納期が守られないことは珍しくありません。

 もちろん、原画マンがそこまで追い詰められてしまうのには事情があります。むしろ私たち「制作会社側」に問題のあることの方が多いです。単価が安かったり無理なスケジュールでお願いしていたり、そもそも絵を描いて動かすということ自体が精神的にも体力的にも大変な時間のかかる作業です。TVアニメ最終話までの脚本・絵コンテ・設定が揃っているわけではないので、脚本や絵コンテ、設定が遅れて原画さんが作業に入れないこともあります。

 また、複数話の制作が同時並行で進められていますので、若い話数のスケジュールが押すと後ろの方にしわ寄せがきます。これが最終回に近づくにつれて修羅場になる理由ですね。演出や作監が別の作業をしていてL/Oチェックが進まないと、それだけ原画マンへの戻しが遅くなり、そうこうしている間に掛け持ちしている別件の仕事が入ってしまうこともあります。

 スケジュールの崩壊による慢性的な長時間労働に加え、演出やデスクから「原画の○○さんは打ち合わせから2週間経つのに1カットも上げていないがどうなっている? 君はどうするつもりだ?」と指摘ないし叱責され、その原画マンとも連絡がつながらない。こうして制作進行は精神的に追い詰められていきます。そして、放送終了後には嫌になって続々と辞めていくのです。私の身の周りでは経験ありませんが、作品制作中に制作進行が「飛ぶ」(行方不明になる)ことも他社ではたまにあるそうです。

原画の回収には、深夜に軽自動車を運転して行きます

―― いま、世の中では「働き方改革」が叫ばれています。アニメ制作には複雑な業務に多くの人が関わっているわけですが、効率化のためのプロジェクト管理ツールなどは導入されないのでしょうか。

 Aさん そういう便利なものはないですね。基本的に制作進行は、エクセルの表で管理しています。また、原画マンへの発注や連絡事項には、電話かLINEを使っています。

―― 原画の回収は、どのように行われているのでしょうか。

 Aさん 基本的には、私たち担当者が、軽自動車で原画マンの自宅を回ります。社用車が10台ぐらいあって、それを運転して深夜に回収するのです。アニメーターは夜型ですからね。みんなバラバラなところに住んでいるので、それを一軒一軒回っていきます。L/Oの回収、L/Oの戻し、原画の回収、計3回ですね。厳密に言うと、絵コンテと設定資料を届けるため、その前にも1度行っています。

 レターパックや宅配業者を使うこともありますが、やはり制作進行が直接回収に行くことで原画さんに必ず上がりを出していただくという意味合いの方が強いのかと思います。

「作品が作れれば、それで本当にいいのか」

―― テレビ局のADに近い仕事ですね。

 Aさん とにかく何でもやります。基本的には演出でも原画さんでも「机で担当業務に専念していただく」ことがもっとも重要ですから、それ以外の周辺的業務はすべて制作進行のところに降ってきます。

―― 今後、アニメ業界はどのように変わればいいのでしょうか。

 Aさん 具体的なことは今後の団体交渉で決まっていくので、今は申し上げられませんが、ユニオンの坂倉さんがおっしゃるように「働いている労働者自身が声を上げていく」ことが、まずは重要かと思います。社会学者の宮台真司先生の言葉を借りれば、「任せてブー垂れるより、引き受けて考える」という態度が必要なんじゃないんでしょうか、ね。

 日本人論に持ち込んでしまって恐縮ですけど、私たちは何か大きな悲劇が起こった後になってようやく悔い改めるという流れをずっと繰り返していますよね。昔はみんな飲酒運転をやっていましたし、児童虐待だって最近になってようやく厳しく取り締まられるようになった。

 何か事件が起こってから後手後手の対策を取るわけですが、アニメ業界の恐ろしいところは過去に制作進行が過労の末に自殺しているのに、こんにちまで制作体制を含めて何も変わっていないし、変わろうとしていない。

 加えて、業界人の無知、無関心もあります。私は「雇用契約書に書いてあることがすべてでしょう」というスタンスですが、多くのスタッフアニメへの情熱が優先されるので、労働法制にはまるで関心がありません。マッドハウスの社員のほとんどは、おそらく就業規則や給与規定すら読んでいないはずです。個人的には「作品が作れれば、それで本当にいいのか」と思ってしまいます。

 働く人が不幸にならないための仕組みは必要になってきます。

(「文春オンライン」編集部)

現在もマッドハウスで制作進行として働いているAさん ©文藝春秋