eastern youthが17年ぶりとなる日比谷野外音楽堂でのワンマンライブ9月28日に開催することが決定した。

 “1998年、札幌にて結成。現在に至る”というシンプルプロフィールながら、日本国内外のパンク/エモーショナル/オルタナティブ・シーンに影響を与え続けるeastern youth。通算17枚ものアルバムを発表しつつ、結成30周年を迎えた昨年秋、TVアニメゴールデンカムイ』のエンディングとして最新シングル「時計台の鐘」がお茶の間のテレビから流れ、話題となった。

 そして今年9月28日、日比谷野外音楽堂にてワンマンライブを行う。2002年以来、実に17年ぶりとなる今回は、“イースタンユースが日比谷野音を演奏する、ただそれだけ。”という意味で、今まで必ず“極東最前線”と銘打っていたタイトルをあえて付けず、初のノンタイトル1本勝負となる。

 チケットは5月7日の23:59までオフィシャル先行予約(1次)受付中だ。


◎公演情報
2019年9月28日(土) 日比谷野外大音楽堂
開場 16:45 / 開演 17:30 ※雨天決行・荒天中止