コンチネンタル(Continental)は、中国で開幕した上海モーターショー2019において、電動パワートレイン部品の中国での生産能力を大幅に引き上げると発表した。

【大きい画像を見る】コンネンタルの統合型高電圧ドライブシステム


中国では、政府が主導する形で、「NEV」(新エネルギー車。EVやプラグインハイブリッド車など)の販売台数が増加している。2018年は、過去最高の124万台を販売し、前年比は63%増と伸びた。これを受けてコンチネンタルは、電動パワートレイン部品の中国での現地生産能力を大幅に引き上げる。

具体的には、統合型高電圧ドライブシステムの生産能力を拡大する計画。2019年後半には、現在の常州に加えて、中国の天津工場においても、統合型高電圧ドライブシステムの現地生産を開始する予定だ。統合型高電圧ドライブシステムは、電気モータートランスミッションパワーエレクトロニクスを一体設計したものとなる。

さらにコンチネンタルは、中国でリチウムイオンバッテリー技術を手がける「CALB」と提携。自動車向けの48ボルトバッテリーシステムを開発し、中国で現地生産する予定だ。この提携により、モーターコントロールユニット、48Vバッテリーなど、単一電源から完全な48Vシステムを供給する、としている。【ほかの画像を見る】コンチネンタルのプレスカンファレンス(上海モーターショー2019)

コンチネンタルのプレスカンファレンス(上海モーターショー2019)