【元記事をコミックナタリーで読む】

日野雄飛による単行本「理想と恋」が、本日4月22日に発売された。単行本の帯には森島明子が推薦コメントを寄せている。

ComicWalkerにて「理想と恋 ~大人百合オムニバス~」のタイトルで連載された本作は、その副題通り、ある程度の年齢を重ねた女性同士の関係を描いたオムニバス作品。好きだった元アイドルの自宅を偶然仕事で訪れた配達員を描く「チャイムとアイドル」、パン屋の店員が洋服屋で本来はやっていないサービスを受けることから物語が始まる「ピクニック」、同性愛者の女性が舞台で見た女の子を目当てに劇団入りする「れんげがさいたら」という、3つの物語が収録された。単行本の購入特典として、アニメイト、とらのあな、メロンブックスではイラストカード、ゲーマーズではブロマイドを用意している。

「理想と恋」