知花が新王座に就いた

MA日本キックボクシング連盟 士道館
「添野道場50周年記念大会」
2019年4月21日(日)東京・後楽園ホール

▼第13試合 メインイベント WMAF世界スーパーバンタム級王座決定戦 3分3R延長1R
大久保拓(士道館ジム/MA日本スーパーバンタム級王者)
KO 1R2分17秒 ※左フック
〇知花デビットエイワスポーツジム/WMC日本フェザー級王者、元WBCムエタイ日本統一バンタム級王者)
※知花が新王者に
※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

この左フック一発で大久保マットに沈めた

 添野義二館長が道場を開設して極真時代から通算して50年。4月21日に添野道場50周年記念大会が開催され、5大タイトルマッチが行われた。
 WMAF世界スーパーバンタム級王座決定戦で対戦するMA日本スーパーバンタム級王者・大久保拓とWMC日本フェザー級王者・知花デビット2018年5月20日、MAのリングで対戦しドローに終わっている。

大久保は積極的に攻めたが知花の一発に泣いた

 昨日の前日計量では1年ぶりの再戦を前に大久保は「プロになって5年、いろんな人に支えられてここまで来れました。この試合に勝ち必ず世界チャンピオンになります」と王座奪取を誓う。対する知花は最高の形(KO)で再戦を勝利で飾りたい」と意気込む。

 1R 大久保は開始早々ローの連打で積極的に攻める。知花はじっくり見ながらジャブを放ち大久保の顔が上がる。
 知花はジャブからロー、大久保の左ストレート沈んでかわすと左フック大久保の後頭部に打つ。大久保はローの快音を響かせるが知花の左フックを被弾する。

ゆっくりうつ伏せにダウンした大久保

 2分が経過し大久保がローをバックステップで外し、知花はそこから飛び込んで右ボディから左フック大久保の顔面に叩き込むと、大久保ゆっくりマットに倒れ、うつ伏せのまま起き上がれず、知花が衝撃のKO勝ち。新王座に就いた。

 勝った知花はベルトを巻きマイクで「こうやって最高の形で終わることができたのも応援してくれる皆さんのおかげです。もっと活躍して有名になりますので僕の活躍を認めてください。ありがとうございました」と喜びを語った。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら


フッククリーンヒットさせる島野


▼第12試合 セミファイナル  WMAF世界スーパーフェザー級王座決定戦 3分3R延長1R
○島野浩太朗(菅原道場/MA日本スーパーフェザー級王者、元Krushスーパー・フェザー王者)
判定2-1
●テープジュン・サイチャーン(ReBORN経堂/真樹ジムAICHI/元WMC日本スーパーフェザー級王者、MA日本フェザー級1位)
※島野が新王者に
※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 島野は3月30日に開催された『Krush.99』でKrushスーパー・フェザー級王座の防衛戦を行い、18歳の新鋭・西京佑馬に判定負けし王座陥落。しかし持ち前のタフさを生かし、中3週間で早くもホームリングで新たなタイトルマッチに挑む。対するテープジュンは自ジムのReBORN経堂を営み、選手としても活動。17年には、自身3つ目の王座であるWMC日本スーパーフェザー級王座を獲得しているベテラン強豪だ。
  
 1Rは互いに様子を見つつも、終盤には島野が右フックでテープジュンを一瞬グラつかせる場面も。
 2Rからは互いに一転攻勢。前蹴りやミドルキックで距離を取り、飛び込みのパンチで攻めるテープジュンに、距離を詰めながら近距離で打ち合いに挑む島野。3Rもその構図は変わらず、1-0島野での延長戦に突入。

 延長戦ではテープジュンが、島野の得意な接近の打ち合い距離でもヒジや回転ヒジを繰り出し果敢に攻める場面が目立つ。回りながら蹴りからパンチ・ヒザで攻めるテープジュンに、パンチ主体で前進し、ボディからの左右フックで強打を振るう島野。
 蹴り数ではテープジュンが圧倒的に上回るも、パンチの有効打を多くとった島野に2-1の接戦ながら、軍杯が上がった。
 王座陥落から一ヶ月も経たず、ホームでの世界戦に挑んだ島野が、再び2冠王となった。

次ページ:宮崎勇樹vs國枝悠太、遠藤駿平vsMO刃KI、臼井憲史vsミハイロ・ゴディネツの三大日本タイトルマッチ

ストレートカウンターの餌食にする宮崎

▼第11試合 MA日本フェザー級タイトルマッチ 3分3R延長1R
○宮崎勇樹(相模原Sジム/MA日本フェザー級王者)
判定3-0
●國枝悠太(二刃会/MA日本フェザー級4位)
※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 宮崎は昨年5月に3冠王の大野貴志と同王座を争い、カウンター攻撃を駆使し初の戴冠。
 新鋭の國枝は、リズミカルなステップを踏みながら左右フックを武器に積極的に攻める。宮崎は2Rから前に出てプレッシャーをかける。さらにパンチ主体で攻めながら、國枝のフックは見切るか組みで対応する宮崎。しかし首相撲から國枝が投げる場面も。

 3R、距離を掴んだか宮崎が國枝にジャブを何度も当てる。國枝も応戦するが、得意のフックの距離に入れず攻めあぐねる印象。
 中盤に宮崎のカウンターストレートで、國枝はフラつき尻餅をつく。ダウンは取られなかったが、効いているようで、その後何度も宮崎のパンチをもらい体勢を崩す國枝。フラつきながらも最後まで打ち合いに挑んだ國枝だったが、宮崎は右ストレート、左ヒジを中心に攻勢を緩めない。
 宮崎がフルマークで王座防衛を果たした。


強烈なヒザ蹴りを入れる遠藤

▼第10試合 MA日本ライトタイトルマッチ 3分3R延長1R
○遠藤駿平(WSRフェアテックス三ノ輪/MA日本ライト級王者)
KO 2R26秒
●MO刃KI(二刃会/MA日本ライト級4位)
※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 遠藤の持つ王座に同級4位のMO刃KIが挑む。
 1R、MO刃KIはジャブからローで様子を伺うと、遠藤は肘打ちに行き、大きく空振るが序盤から遠藤のアグレッシブさが出る。遠藤は圧力をかけ前に出て首相撲で膝を連打。MO刃KIも膝を返していくが、首相撲では遠藤がMO刃KIの首をがっちり捕まえ主導権を握る。
 離れては両者パンチMO刃KIのパンチガードしハイキックを入れる場面も。終盤にはパンチの打ち合いの中で遠藤が膝蹴りをMO刃KIの顔面に見舞いダウンを奪う。立ち上がるとMO刃KIは鼻筋を切り出血でドクターチェック。再開後間も無くゴング

 2R、MO刃KIはダウンを挽回しようとパンチのラッシュで攻めるが遠藤の顔面への前蹴りがヒット、続けて左ハイキックでぐらつかせるとパンチをまとめ再び首相撲に。ここで出血がひどくなったMO刃KIはドクターチェック
 ドクターストップとなりレフェリーが試合を止め遠藤のTKO勝ちとなった。


試合開始早々ワンツーでダウンを取るゴディネツ

▼第9試合 MA日本クルーザー級タイトルマッチ 3分3R延長1R
●臼井憲史(はまっこムエタイジム/MA日本クルーザー級王者)
KO 1R48秒
○ミハイロ・ゴディネツ(士道館ウクライナ/MA日本クルーザー級3位)
※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 王者・臼井に士道館ウクライナの同級3位ゴディネツが挑む。
 1R、身長、リーチで上回るゴディネツは開始早々、前に出てワンツーがクリーンヒット。白井はダウンするがすぐに立ち上がりファイティングポーズをとる。
 再開後、臼井は果敢に攻めに行くがダメージがあるのか攻撃に力が入らない。ゴディネツがパンチのラッシュから膝蹴りを顔面に見舞い白井は再びうつ伏せに崩れ落ちダウン。何とか立ち上がった臼井にゴディネツはジャンピングバックスピンキックを白井の顔に目がけ放つと白井は再びダウン、3ノックダウン制のためゴディネツの秒殺KO勝ちとなった。

第1試合から第8試合の結果は後日アップ