付き合っていた頃の面影は一体どこに……。

優しくて気遣いができる彼が、結婚後に豹変した!なんて話がありますが、結婚後に本性をさらけ出す男性も少なくないんです。

とはいっても、お付き合いしているときは相手の悪い部分に関しては「我慢できる!」なんて無理をすることもありますよね?

その不満が結婚後に爆発して離婚なんて例もあります。

そこで今回は、結婚後に後悔する男性の特徴について、離婚経験者に聞いてきました。

1、パートナーの気持ちが理解できない

なんで私の気持ちを分かってくれないんだろう……。と不満に感じるときがあると思います。

女性は気持ちを言葉で伝えずに、態度や察して欲しい雰囲気を出してしまいがち。

ハッキリ言ってしまえばいいのかもしれませんが、やはり自分のことを好きなら気持ちを理解してほしいと思ってしまうものですよね。

もちろん、話し合いで解決するのがオススメですが、それでもパートナーの気持ちを理解できていない男性は、結婚してからもこちらが苦しい思いをする可能性が高いでしょう。

「離婚した旦那がまさにコレ。人の気持ちを理解できない、分かろうともしないで自分の思い通りになればいいタイプ話し合いのたびにかなりイライラしていました」(30代女性/飲食)

これから先長い人生を共に生きていくのに、そのパートナーに気持ちが伝わらないというのは一緒にいるだけで苦痛を感じてしまうもの。

こちらの気持ちを理解してくれない相手との結婚は前途多難なのが目に見えているかも。

2、トラブルがあると人のせいにする

自分で起こした問題も、言い訳をして非を認めない、周りに責任転換して逃れようとするような男性との結婚はちょっと待って!

今はその矛先が自分ではなく周りに向いていても、何かのキッカケで結婚後は、自分にせいにする可能性が高いです。

そもそも、自分が悪いなんて思っていないので、それを更生させるとなるとかなりの根気が必要です。

「たとえ自分が悪くても謝らずにうまく話をすり替えてこちらを悪者にするような相手との結婚は精神的にキツい!人格否定などになる場合もあります。

ちなみにうちがそうでしたが、毎日離婚することばかり考えていましたね……。」(40代女性/医療事務)

このような予兆がみられる場合には早々に別れを決意した方が身のためかもしれません。

3、女性を下に見るような発言をする

男性は、女性に比べて仕事の責任が重く、女性は将来的に仕事、家事、育児とすべてこなさなければならない可能性も。

随分と環境が整ってきたものの、時代に逆らうかのように女性を見下す発言をする男性には注意が必要です。

「夫婦げんかをすると元旦那は必ず『俺の稼いだ金で飯食ってるくせに』と言いました。正直、時間が許すならあんたの稼ぎ以上稼いでくるわ!と心の中で毒づいていました(笑)ことあるごとに性別を理由に見下してくる人だったので別れて正解でした。」(30代女性/営業)

こうした発言は、女性の心を深く傷つけるものだと意識せずに言っているので間違いなく問題アリ!

結婚後も自尊心を傷つけられる可能性が大いに高い感じがしますね。

思いやりを持ち続けられる相手か見極めよう!

うまく自分の欠点を隠して、結婚後に化けの皮をはがすなんて人もいますが、大体はなんらかの片鱗が感じられます。

好きだから……。と小さな部分を見逃すのではなく、結婚後に自分がどのような扱いをされるのかも考えて相手を見極めましょう。

コンテンツハートKIE)

(愛カツ編集部)

GettyImages-509927580k