2019年4月17日、新浪は、インドネシア・バリ島のクルーザーで中国人の中年女性2人が下船する順番をめぐって殴り合いの大げんかをしたと報じた。
記事によると、バリ島で9日に中国人ツアー客を乗せたクルーザーが遊覧を終えて岸に停泊した際、中国人の中年女性2人が下船する列の先頭位置を奪い合った。互いに譲らずに口論を始め、やがて手が出てつかみ合いになったという。
一部始終を撮影した動画では、黄色いスカートの女性と紫の服を着た女性が甲板上でつかみ合う様子が映っている。それぞれの友人とみられる女性2人が仲裁に入ろうとするも乱闘に巻き込まれ、船上スタッフも2人を引き離そうとするも徒労に終わり、争いはますますエスカレートして互いの衣服や頭髪をつかみ合う大乱闘に発展したという。
船外には多くの見物人が集まり、中には「やれ、やれ」とあおり立てる人や、「モラルがない」と嘆く人もいたとのこと。
乱闘を起こした2人は、いち早く船を降りてSNSアップする写真を撮影するベストポジションを探そうとしていたようで、はやる気持ちから互いに譲ることができず取っ組み合いの騒動に発展したそうだ。
記事は、このトラブルを知った中国のネットユーザーが「何十年と歳を重ねているというのにどうしてこんなことをするのか」「モラルのない人はどこに行ってもけんかをする」などの感想を残しており、総じて「また外国で中国人の恥を晒した」という見方をしていると伝えた。(翻訳・編集/川尻

17日、新浪は、インドネシア・バリ島のクルーザーで中国人の中年女性2人が下船する順番をめぐって殴り合いの大げんかをしたと報じた。