株式会社INFORICH(インフォリッチ)(本社:東京都渋谷区、代表取締役:秋山 広宣(陳 日華)以下「INFORICH」)は、小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:星野 晃司)が運営する小田急線沿線に、モバイルバッテリーシェアリングChargeSPOT(チャージスポット)」を設置することをお知らせします。


ChargeSPOT」は「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプト2018年4月からサービスを開始し、全国の駅、空港、商業施設や飲食店、コンビニエンスストア、公共施設などを中心に設置場所を拡大しています。
 今回、小田急新宿駅小田急下北沢駅小田急相模大野駅小田急新百合ヶ丘駅小田急町田駅、計5つの駅にバッテリースタンドを設置します。
観光地や主要駅でのインバウンド向けの充電ニーズに対応し、電車を利用するお客様へより安心感を提供できます。また、バッテリースタンドのサイネージを活用することで、紙ポスターの削減及び環境保護にも繋がります。

◼︎設置について
4月24日から順次設置予定
小田急新宿駅(駅構内) LL 2台
小田急下北沢駅(駅構内) LL 1台
小田急新百合ヶ丘駅(駅構内) LL 1台
小田急町田駅(南口改札外 コンコース) LL 1台
小田急相模大野駅 (駅構内) LL 1台

■「ChargeSPOT」サービス概要
外出時にスマートフォンバッテリーが切れて、充電コードモバイルバッテリーを持ち歩いていない場合でも、いつでも最寄りのチャージスポットから持ち運び可能なモバイルバッテリーを借りて充電することができ、別のチャージスポットに返却することができます。例えば、渋谷でモバイルバッテリーを借りて表参道カフェで返却することや、東京で借りて、香港で返却するなど、国境を越えてモバイルバッテリーを利用できるシェアリングサービスです。「ChargeSPOT」を利用することで、充電コードモバイルバッテリーを常に持ち歩く必要がなくなり、急な電池切れの不安を解消することができます。「ChargeSPOT」の専用アプリに加え、ユーザー数10億人を越える中国で最も利用率が高いSNSアプリWeChat(微信)」内のミニプログラムでも利用可能です。
また、情報番組で注目のサービスとして取り上げられたり、『2019年日経トレンディヒット予測』でもランキング入りするなど、メディアからの取材を多数受けている注目のサービスです。



■「ChargeSPOT」ご利用方法

(1)アプリダウンロードし、アカウントの登録をします。
(2)アプリバッテリースタンドの場所を検索し、ご利用になるバッテリースタンドへ向かいます。
(3)表示されているQRコードを読み取ります。バッテリースタンドスロットから出てくるモバイルバッテリーを取り出し、対応するケーブルを接続すれば、移動中に様々なデバイスの充電をすることができます。
(4)アプリで最寄りのバッテリースタンドを検索し、空いているスロットモバイルバッテリーを差し込むことで返却は完了です。

サービス説明動画:https://youtu.be/db_n1daFmQM

■「ChargeSPOT」ご利用料金
48時間以内まで300円(最初の1時間は150円)
48時間以降は2,280円でバッテリー返却不要となります。※税抜き

バッテリーの仕様
容量:5,000mAh
対応規格:ライトニングケーブルマイクロ USBUSB タイプ C

INFORICH会社概要
本社:所在地東京都渋谷区神宮前 6-31-15 A-6A
設立:2015/09/02
代表取締役:秋山 広宣(陳 日華)
事業内容:ChargeSPOT モバイルバッテリーシェアリングサービス/
デジタルサイネージ/ 国内・海外でのコンサルティングとマーケティングサービス/
ハードウェアソフトウェア開発/広告/データ関連
ウェブサイト: http://www.inforich.net

■ お問い合わせ
株式会社 INFORICH
ChargeSPOT 広報部
PR担当 木村
Tel: 03-4500-9210
Mail: press@inforichjapan.com

◼︎導入検討されている方はこちら
http://www.chargespot.jp/business.php

配信元企業:株式会社INFORICH

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ