ディズニーの傑作アニメーション映画を“超”がつくほどに完全実写化していることが話題の映画『ライオン・キング』より、日本版ポスターが解禁となった。

幼いシンバがかわいすぎる!『ライオン・キング』 その他の写真

本作は、1994年に公開された同名アニメ映画オリジナル。王ムファサのもとに誕生したライオンの子シンバは、いつか自分も父のような王になる日を夢見るものの、好奇心旺盛でまだ未熟なシンバは、なかなかその一歩を踏み出せないでいた。この広大な大地を舞台に、未来の王シンバはどのような物語を切り開いていくのかが、圧巻のスケールで描かれる。

全世界同時公開となった予告映像では、壮大なサバンナを舞台に、ムファサやナラ、プンヴァとティモンのおなじみのコンビなど、主人公シンバを取り囲む個性豊かなキャラクターたちが登場。“超実写版”が叶えた、まるで観客がその地に降り立ったような臨場感溢れるサバンナの景色と、手を伸ばせば触れられそうなリアルな毛並み感や動物たちの生き生きとした表情に 「もうホンモノじゃん!」「すべてがリアルすぎる」など、絶賛の声が世界で相次いでいる。

このたび解禁となった日本版ポスターでは、広大なサバンナの朝焼けに照らされたプライドロックの頂上に、夜明けと日没を繰り返し、生命が脈々と受け継がれていくかのような、未来の王シンバと父ムファサの親子の姿が描かれている。作品の重要なテーマでもある、生と死を繰り返して世代が受け継がれることを表す「サークル・オブ・ライフ<生命の環>」を象徴するかような朝焼けだ。オレンジ色に光り輝くサバンナの大地をバックに、幼きシンバが佇み、前を見すえるビジュアルは、これから始まる壮大な冒険を期待させる。

解禁された日本版ポスター (C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.