BSLシステム研究所(小野秀幸代表)は4月22日、「販売らくだプロ9」「販売らくだ9普及版」「かるがるできる販売9」の3製品が、消費税軽減税率対策補助金「C-2型」の対象ソフトに登録されたと発表した。

オリジナルで読む

 今年10月に実施される10%の消費税率改正の際に、軽減税率も同時導入されるため、軽減税率対象商品を扱う中小企業には、システム改修や新システムの導入など経費の負担増が懸念される。そのため、企業負担の一部を補助する「軽減税率対策補助金」制度が設けられ、中小規模事業者が対象製品を購入した際に申請することで、購入金額の最大4分の3を中小企業庁が補助する制度が施行されている。

 今回のC-2型の登録により、販売らくだプロ9と販売らくだ9普及版は購入金額の8分の3、かるがるできる販売9は購入金額の4分の3が補助される対象ソフトとなった。これによって同ソフトを購入した補助金の対象企業は、軽減税率対策補助金事務局に申請することが可能となる。

 対象製品の税別価格は、販売らくだプロ9が1万9800円、販売らくだ9普及版が9800円、かるがるできる販売9が3800円