ファン待望の新作公演MANKAI STAGEA3!』~SPRING 2019~が、2019年4月25日(木)より東京・天王洲 銀河劇場を皮切りにスタート。以降、大阪、新潟、東京凱旋公演と続く。

エーステ初の春組単独公演となる本公演では、第二回公演「不思議の国の青年アリス」と第三回公演「ぜんまい仕掛けのココロ」が上演される。

テレビジョンでは、「不思議の国の青年アリス」で主演を務める碓氷真澄役の牧島輝、「ぜんまい仕掛けのココロ」で主演を務める皆木 綴役の前川優希、そして春組リーダーである佐久間咲也役の横田龍儀から話を聞いた。

■ SPRING & SUMMER 2018公演を振り返って

──まず、SPRING & SUMMER 2018公演の感想をお願いします。

横田龍儀:地方公演から東京凱旋まで時間が空いて、再び会った時にキャスト全員のキャラの理解が深まっていて、みんなの「芝居を良くしたい」っていう気持ちが伝わってきました。逆に「僕は大丈夫かな?」っていう焦りもあったんですけど、凱旋公演は毎日毎日芝居が良くなっていく過程を含めて、1公演1公演が楽しかったです。

牧島 輝:僕は劇中劇を観て、お客さんがどんな反応をするんだろうって不安の方が強くて。初日の春組の劇中劇が終わった後、本当に嵐みたいな拍手が起きて、それが自分の中でずっと印象に残ってます。あのとき、改めてすごいものを作っているんだなって思いました。あと、舞台裏でモニターから見ていたけど、初日のスタンディングオベーションを直接見られなかったから、東京の千秋楽でみんながスタンディングオベーションしてくれたのを直接見たときは泣きそうになりました。

前川優希:思い返してみると、その日をやりきるというか、いっぱいいっぱいだったなって思います。全力を出すことはできたけど、お芝居でいえば、意図した見せ方とか、自分で工夫して出したものはほぼなくて。京都公演の千秋楽の前の日に演出の松崎史也さんと話せる機会があって、そこで初めてゆっくりMANKAI STAGEA3!』をどういう風に作っているか、これから綴をどう動かしていくかについての話を聞いて、あらためて素敵なスタッフさんと作っているんだなって思いました。いろいろ自分への課題を見つけることができた公演でした。

──横田さんは春組リーダーとして心掛けていたことはありますか?

横田:お芝居の技術面では上の人たちがいますし、僕ができることって何だろうって思って。以前、秋組の七尾太一役の赤澤遼太郎くんが座長を務める公演に出演していた時、稽古と本番、何事も全力でやっていて、その姿を見て俺も周りの人を支えてあげたい、この人についていきたいって思ったんです。そうやって全力でやっている人の周りにはちゃんと支えてくれる人がいるんだなって思って、至らないことばかりだとは思うけど、全力でやるってことは心掛けていました。

──そんなリーダーを見て、お二人は感じることはありましたか?

牧島:たまに周りが見えてなかったり、ちょっとネガティブになって落ち込んじゃうところもあったんですけど、だからこそ自分がしっかりしなきゃって。自分がしっかりして支えてあげることができれば、安心させてあげられるかなって思って。だからネガティブな部分も、いい意味で良かったよ。

前川:頑張りすぎてて精一杯で、ちょっと突っ走ったり、危なっかしいなって心配になったりもあって。悪いところを見せてくれるっていうのは一種の信頼かなと思うので、そんな姿を見ても支えようって思えるような、そんな存在でしたね。

■ 春組キャストの関係性に変化が訪れる!?

──SPRING & SUMMER 2018公演始めと終わりで変わったことは何かありますか?

牧島:距離感!

前川:そうだね(笑)、あと位置関係も。初対面って年齢とか雰囲気で何となく第一印象が決まるじゃないですか。春組キャストの中では僕が一番年下なので、他の方はいろいろな舞台に出ていらっしゃるから勉強させてもらおうって思ってたんですけど…すごく特徴的な方が多いので、今は天然たちにツッコんだりすることが多いですね。主に立石(笑)、あと牧島。ここが二大天然巨頭。

牧島:待って、俺は自覚ある天然だから!

前川:自覚ある天然!?(笑) 自覚のあるツッコミ待ちってこと?

牧島:誘導誘導(笑)バランサーだから。

前川:なるほどね!? でも仲良くなって気を遣うだけじゃなくて、慣れてきて位置関係変わったよね。

横田:本当に位置関係は変わったよね(笑)

牧島:みんな初対面からずっとジャブで間合いを取り合っているような関係だったから。

横田:お互いそんな感じだったよね。ただ、彼(牧島)はずっとストレートを振り回してましたよ(笑)

牧島:いつまでもジャブ打ち合っていても意味ないから、ちょっとそろそろ関係性を壊して仲良くならないとな、って思って。

横田:いやいや、あれはノーガードからのストレートだからね。こっちがびっくりしちゃう(笑)

前川:でも、そういうきっかけはありがたかったですよね。

牧島:でしょ? そういうことだよ(笑)。(ザテレビジョン・取材・文:岩永聡美)

春組キャストの5人。左から碓氷真澄役・牧島 輝、皆木 綴役・前川優希、茅ヶ崎 至役・立石俊樹、佐久間咲也役・横田龍儀、シトロン役・古谷大和