ラジャダムナンのランカーに返り咲いた福田海斗(左)がヨックペット・PKセンチャイムエタイジムと対戦決定

 タイで活躍を続ける福田海斗(20=キング・ムエ)がラジャダムナンスタジアムの最新4月度ランキングスーパーフライ級8位にランクイン、ランカーに返り咲いた。福田は1月に元ランカーの強豪シンラパタイ(ルンピニースタジアム)に勝利、2月は現役ランカーのサックシーに僅差で敗れたものの3月には再戦となったシンラパタイをルンピニーで4RKOで返り討ちにし、その活躍が評価された。

 タイのランキングは、たとえランカーであっても負けが込んだり試合から遠ざかっているとあっという間にランク外となってしまう厳しいもの。その中で常にランキングに絡んでいる福田の活躍は特筆すべきであろう。

 その福田が4月24日(水)のラジャダムナンスタジアム「スック ワンギントーン」に出場する。
 今回の対戦相手は名門PKセンチャイムエタイジムの秘蔵っ子、ヨックペット・PKセンチャイムエタイジムに決まった。

3月のルンピニースタジアムでの一戦では右ミドルで4RにKO勝ち

 ヨックペットはブリラム出身の19歳、PKセンチャイムエタイジムのオーナー“シアケー”ことソムチャイ氏が息子のように可愛がっているという選手で、ヨードレックペットvsセクサン戦が実現した昨年12月の「スック ソーソムマイ」ビックマッチにも出場しKO勝ちを収めている。まだランキングには入っていないものの、タイ最大の財閥CPグループの支援も受けているという若手強豪。福田と同じファイタータイプでキレのあるパンチは要注意だ。

 福田のレベルになると容易な相手は出てこないが、こうしたランカークラスを撃破していかないとタイでは王座にたどり着けない。険しい道のりが続くが、ヨックペットを下しランキング上位に食い込んでいって欲しいものだ。

 「スック ワンギントーン」
2019年4月24日(水・現地時間)タイ・ラジャダムナンスタジアム

▼第4試合117ポンド契約
カイト・ウォーワンチャイ(福田海斗/ラジャダムナンスタジアム スーパーフライ級8位/元タイ国プロムエタイ協会フライ級王者)
vs
ヨックペット・PKセンチャイムエタイジム(タイ)