野村ホールディングスは、バレーボール女子日本代表監督の中田久美氏が出演するドキュメンタリームービー「Unfinished Games -終わりなき挑戦-」を公開した。

【大きい画像を見る】中田久美がオリンピックへの決意を語るドキュメンタリームービー公開


「Unfinished Games -終わりなき挑戦-」は、オリンピック金メダルを取ることに人生を捧げた中田監督の人生を振り返るドキュメンタリームービーだ。1980年に当時史上最年少となる15歳バレーボール女子日本代表に選出され、ロサンゼルスソウルバルセロナオリンピックに3度出場し、現在は日本代表監督を務める中田監督が人生の中でターニングポイントとなった4つの試合を振り返る。

映像には、「日本代表デビューし、世界と戦う決意をした1980年中国戦」「メダルに手が届かなかったソウルオリンピックのペルー戦」「怪我を押して出場するも敗れ、引退を決意したバルセロナオリンピックブラジル戦」「監督として初めてブラジルに勝利した2017年日本代表の試合」の4つの試合の写真で埋め尽くされたミュージアムが登場。中田監督がこれまでのバレーボール人生を辿りながら、東京オリンピックにかける想いを伝える。

【ほかの画像を見る】中田久美がオリンピックへの決意を語るドキュメンタリームービー公開

中田久美がオリンピックへの決意を語るドキュメンタリームービー公開