『Telegraph』は22日、「マンチェスター・シティは、アトレティコ・マドリースペイン代表MFロドリを獲得しようと試みている」と報じた。

今季プレミアリーグで首位争いを繰り広げてきたマンチェスター・シティ。しかし守備的MFの層は薄いと言われており、フェルナンジーニョが抜けた際のバックアップが乏しい。

そのため今夏はフェルナンジーニョのバックアップを獲得したいと考えているそう。ただ、最も狙っていたフレンキー・デ・ヨングはバルセロナに奪われてしまった。

そこでジョゼップ・グアルディオラ監督が主な候補として考えているのが、今アトレティコ・マドリーの中盤で活躍を続けているロドリであるとのこと。

彼の契約には7000万ユーロ(およそ88.1億円)の解除条項が付随していることから、資金さえ投入できれば獲得することは可能であるそう。

チキ・ベギリスタインSDはこのところアトレティコ・マドリーと接触を続けており、7月に取引を行えるように基礎を作っているそうだ。

【関連記事】マンチェスター・C、この夏に獲得しうる10人の選手

また、マンチェスター・シティはこれまで報じられてきたようにリヨンフランス代表MFタングイ・エンドンベレにも注目しているが、現場ではロドリのほうが評価されているとのこと。

フェルナンジーニョの後釜?シティ、「クラブ記録」の額でアトレティコMF獲得へ