レストランで、店長にイグアナを投げつけた男が逮捕されたという。

米オハイオ州ペインズヴィルにあるパーキンス・レストランを訪れたアーノルドティーター(49歳)は、席に着いたまでは良かったものの、メニューを女性店員に投げつけた挙句、店長が落ち着かせようと近寄ってくると、シャツの下からイグアナを取り出して投げつけたそうだ。

動物虐待および治安紊乱行為、逮捕時の抵抗の罪で逮捕されるに至ったが、動機については明らかになっていない。

一方で、暴行に使用されてしまった“コッパー”という名の哀れなイグアナは、今回の一件により足を骨折してしまったという。