クエンティン・タランティーノ監督の新作映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が8月30日に日本公開されることが決定。発表とあわせて日本版ポスタービジュアルと場面写真が公開された。

1969年ロサンゼルスを舞台に、ハリウッド黄金時代の最後の瞬間を描く同作。タランティーノは製作、脚本、監督を務めており、脚本の執筆には約5年を費やしたという。ハリウッドで栄光を取り戻そうとする落ち目のテレビ俳優リック・ダルトン役をレオナルド・ディカプリオ、長年ダルトンのスタントマンを務めているクリフ・ブース役をブラッド・ピット、当時人気の新人女優だったシャロン・テート役をマーゴット・ロビーが演じる。

公開された日本版ポスタービジュアルには、右手の小指に金色の指輪を嵌めているダルトンの姿や、ブースがジーンズのポケットに手を入れて前を見据える様子などが写し出されている。また場面写真では、ダルトンが銃を片手に車の荷台に手をかけるシーンや、サングラスをかけたブースが車の椅子に座る場面などが確認できる。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』日本版ポスタービジュアル