わずかな意識が違いを生む! 誰でもできる周囲を幸せにする運転術7つ

いまどきのクルマならアイドリングストップの使い方も工夫

 世知辛い世の中だからか、ギスギスした運転を見かけることがあるし、あおり運転もそのひとつかもしれない。本来、路上というのはクルマや人が行き交うひとつの社会だけに、気持ちに余裕をもちたいものだ。今回はちょっとした工夫で、みんなが幸せになるポイントを紹介しよう。

1)ゆずり合いを円滑に

 信号がある交差点ならいいが、ないところでモタモタするのはイライラの原因になりがち。どちらが優先道路なのか、止まれの標識があるかないかを手前から意識して交差点に進入していくとスムースだ。もちろん交差点は徐行で通過が基本。円滑な交通

2)左から来たクルマが優先

 譲り合いたくてもまごつくのが、同じ幅の道路が交差している交差点での優先。意外に忘れてしまっているが、左側から来たクルマ優先権があって、右側は譲らなくてはならない。どっちが譲るかで2台とも止まっていると他車にも迷惑がかかる。ちなみに左側優先の理由は、右ハンドルなので右側から来たクルマのほうが発見が早いからとされている。円滑な交通

3)アイドリングストップの解除

 アイドリングストップをオフにせよ、というわけではない。信号が青に変わる寸前にブレーキを戻したり、ハンドルを動かして、アイドリングストップを停止。エンジンをかけて発進の準備をすることによって、円滑な流れを作ることができる。最近では、青に変わってからアイドリングストップが解除され……、となるので発進のタイミングがかなり遅れ気味になり、またすぐに赤信号に捕まってしまうということも多い。スマホいじっていて、青になったのには気がつかなかったというのは論外だが。円滑な交通

ウインカーの使い方ももう一度見直したい

4)ウインカーは早め、かつ最適タイミングで

 出さないのはお話しにならないが、ウインカーを一瞬出すだけで車線変更をしたりはひやりとするし、危険なこともある。早めのウインカーは基本中の基本だ。出しておいて損はない、と言いたいところだが、早すぎるとどこで曲がりたいとか、車線変更がしたいのかわからないので、最適なタイミングで出したい。円滑な交通

5)ありがとうハザード

 もともとはトラックの習慣で、法制化されたものでもないだけに、要不要、それぞれの意見はある。この点は承知しつつも、ちょっと無理しちゃったなというときに出しておいて、気分が悪くなる人はいないハズ。ただし、ねじ込み前提で出しながら寄って来るのはなしだが。円滑な交通

6)変なところに駐車しない

 路上は駐禁が基本とか、助手席に人が乗っていてもすみやかに動かせないからダメ、などという気はないが、止めるなら場所を少し考えてからにしたい。たとえば急に道路幅が狭くなるところのその場所に止めるのではなく、もう少し手前の広くなったところに停止すると、通過するクルマスムーズに行けるのにというシーンはよく目にする。また交差点ぎりぎりは法律で駐停車禁止されているだけに、危険なのでダメ。自分が止めたいからそこに止めるのではなく、止めたいけど、他車から見るとどうかなと考えるのがコツ。円滑な交通

7)メリハリの効いた運転

 日本人の場合、スピードは悪だと教えられてきたこともあるのか、メリハリを効かせた運転が下手なように思う。最近のエコ運転でのふんわりアクセルなども関係しているだろう。すべての道で飛ばせというのではもちろんなく、出すところは出して、抑えるところは抑える。すべて抑えてノロノロ走るのは、後続車もイライラする。円滑な交通

わずかな意識が違いを生む! 誰でもできる周囲を幸せにする運転術7つ