Image: Thames Water コンクリートでカチンコチンに固まった下水

よい子:トイレには水に溶けるものだけ流す

悪い子:トイレにコンクリート1トン分を流して、19世紀ヴィクトリア朝時代の下水道を固める

そんな冗談のように悪い子がロンドン市イズリントン地区にいたようです。市水道管理会社「Thames Water(テムズ・ウォーター)」が、下水道にカチンコチンに固まった全長275m、重量シロナガスクジラ級(105トン)のコンクリート塊の除去に追われています

ロンドンの下水は日本の大政奉還よりまだ古く、世界最古レベル。「ファットバーグ(氷山の廃油版)」でしょっちゅう詰まって地獄な日々なことは世界的に有名ですが、ありとあらゆる塊を見てきた同社もこれだけ巨大なコンクリート塊は見たことがないと声明で言っていますよ。

いつもならドロドロの油脂やウェットティッシュが積もり積もって詰まるものだが、このたびはコンクリートで岩のように固まってしまっている。これがヴィクトリア朝時代のれんがの壁にみっしり張り付いているため、少しずつ砕いて取り除くという気の遠くなるような作業が必要。

Thames Water事業マネジャー Alex Saundersさん

コンクリートで固まった下水は3カ所あり、除去にかかる費用はざっと見積もって数十万ポンド(約3000万円以上)。道路は最大2カ月通行止めとなり、その間ずっと削岩機と高圧ホースの騒音が続くことになります。個人でこれだけのコンクリートを混ぜたとは考えにくいため、おそらくは建設会社が「産業用レベルの大量コンクリ」を流したものと当局は見ています。いやぁ…。

下水って油分とかウェットティッシュとか、トイレから流してはならないものが天敵なんですね…。2017年には高さ1.2mの下水に延々250mもの油詰まりが見つかって、あのときは推定130トンという話でした。2013年にイズリントン地区で15トン分の油の塊が見つかって騒ぎになりましたが、わずか4年の間に10倍近くに育ってます。流すのは一瞬だけど、地下で取り除くのは途方もなく大変で、お金もかかるし、作業の方たちのメンタルにもきますよね…油は気をつけましょう…!

悪臭がないだけアレかもだけど、除去が大変という意味ではコンクリート、最悪です。Saundersさん曰く、どっかのアホちんがドロドロのコンクリを下水に流したのは今回が「最初じゃない」そうですけど、規模は間違いなく史上最凶みたい。現在社内で詳しく事実関係を調べています。

Source: The Guardian