地上波4K実現の可能性と課題」と題して、株式会社オフィスN 西氏によるセミナーを2019年6月5日(水)紀尾井フォーラムにて開催いたします!!

セミナー詳細
http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19190.html

[講 師]
株式会社オフィスN 代表
西 正(にし ただし)氏

[日 時]
2019年 6月 5日(水) 午後2時~午後5時

[会 場]
紀尾井フォーラム
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニ ガーデンコート1F

[重点講義内容]
BS4Kの不振の原因の一つとして、地上波が2Kのままであることが挙げられている。そのため、地上波4Kを実現するための実験が数多く行なわれており、その去就の行方について、非常に多くの人が関心を持って見ている。
地方局からすると、漸く地デジ化のプロジェクトが完了し、それから10年も経たないうちに、今度は2Kから4Kへの投資を迫られることについては、警戒心を抱いているようであり、無理も無いと思われる。
高画質という点においては、8Kが予想以上に速く家庭内に浸透しそうな予感がするのと同時に、名古屋以西では8Kコンテンツの制作を活発に行なっている局も多々見られる。110度CSの方では、相変わらずSD画質で放送しているところも見られ、一台のテレビで視聴できる画質はSDから8Kまでという大きな幅があることになる中でも、やはり最も見られる放送としての地上波を4Kにすべきだという考えの人が多くいる。
地上波が4Kになることで、BSの4Kの視聴環境は急速に変わることとなり、テレビ放送の画質のスタンダードは4Kであるということになりそうである。
たたし、実験をする環境はあるけれども、地デジ化で見られた通り、地上波の画質を変えることは簡単なことではない。それだけに、多くの放送事業者がそれぞれの立場で地上波4Kの可能性、実施するとなれば時期について、大きな関心を寄せている。
本講演では、あくまでも今の段階で言えることではあるが、その可能性について述べていくこととしたい

1.地上波4Kの可能性がある理由
2.地上波4Kの実験の動向
3.再びサイマル放送が行なわれることに対する
地方局、ケーブルテレビの負担感
4.議論の背景にある4K化の意義
5.具体的な実現時期
6.質疑応答/名刺交換




【お問い合わせ先】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@ssk21.co.jp
TEL: 03-5532-8850
FAX: 03-5532-8851
URL: http://www.ssk21.co.jp
【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。

配信元企業:株式会社 新社会システム総合研究所

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ