脱毛にはいろいろな種類がありますが、代表的な脱毛が「医療脱毛」と「美容脱毛」です。
医療脱毛も美容脱毛もレーザーを使用したり、光を毛根に照射するという方法で施術をしていますが、美容脱毛よりも医療脱毛の方が照射レベルは強力です。では、パワーの弱い美容脱毛であれば、妊娠中でも利用できるのでしょうか。それとも、美容外科・皮膚科のクリニック等で行う医療脱毛であれば医療従事者がおり、少なからず安心できるため妊娠中でも利用できるでしょうか。専門家の意見を見ていきましょう。



妊娠中に医療脱毛をしても問題ない?


『基本的にほとんどの美容皮膚科では妊婦さんの施術はお断りしています。医療脱毛(レーザー脱毛)は皮膚の上層部に施しますから、胎児には直接は影響ありませんが、100%大丈夫とも言えないこと、人体実験ができませんから明確なデータがないこと、普段の生活でも流産や早産の可能性があることなどから、何がどう影響するか分からないためお勧めできません。(看護師)』





ホルモンバランスの変化で肌トラブルが起きやすく、脱毛しても効果が得られなかったり、逆に多毛になったり体毛が濃くなったりすることもあります。自己処理もなるべく控えてほしいのですが、どうしても行いたい場合は、肌に負担をかける毛抜き・ワックス・除毛クリームは避け、刺激の少ない電気シェーバーなどで行い、処理後は充分に保湿してください。(看護師)』




妊娠中に美容脱毛をしても問題ない?


『光脱毛は肌の表面に働きかけるものですので、妊娠中の身体や胎児に影響は及ぼしません。ですから、もし、妊娠に気づいていなかった時期に施術を受けていたとしても問題はありません。(助産師・保健師)』





『現状では、美容サロンでは「妊娠中は施術できない」としているところが多いと思います。理由は脱毛することのメリットよりもデメリットの方が大きいからです。人間の体毛はホルモン分泌の影響を大きく受けています。女性でも男性でも、男性ホルモン・女性ホルモンの両方が分泌されているのですが、女性ホルモンが多いと体毛は薄くなり、男性ホルモンが多いと濃くなります。妊娠中はホルモンの分泌量が増える上、妊娠中から産後にかけてそのホルモンの量やバランスが大きく変化します。「体毛が薄くなった」という方もおられれば、一時的に男性ホルモンが優位になることもあるため「体毛が濃くなった」と感じられる方もおられます。(助産師・保健師)』





ホルモンの影響により妊娠中は肌が非常にデリケートになります。今までと同じように施術を受けても、肌トラブルが起きる可能性が高まります。施術中、長時間同じ姿勢を保つことで身体に負担がかかることもデメリットの一つです。脱毛処置を受けても効果が出にくく、逆に肌トラブルなどを引き起こす可能性があるため、妊娠中の脱毛は勧められません。妊娠していることが分かったら、すぐにサロンへ伝えてください。ケアを再開できるまでの時期や対応はサロンによって異なると思いますので、直接問い合わせてみてください。(助産師・保健師)』




胎児への影響はないものの、医療脱毛も美容脱毛も妊娠中の施術はできないということでした。また、妊娠中は肌トラブルも起こりやすいので、自己処理にも注意しましょう。なるべく肌への負担が少ない電気シェーバーなどを使用すると良いとのアドバイスがありました。



監修者:座波 朝香(ざは・あさか)
助産師・保健師・看護師タッチアトレーナー。病院産婦人科での勤務を経て、株式会社 とらうべ 社員。妊娠・育児相談、産後ケアや赤ちゃんタッチをはじめ妊娠・育児講座などに定評があり、精力的に活動中。
  • “妊娠中は脱毛をしてはいけない”って本当?
妊娠中の脱毛。「医療脱毛」なら大丈夫?「美容脱毛」なら大丈夫?